お知らせ

ホーム » お知らせ

「八雲会報」第58号ができました

このほど「八雲会報」(年2回発行)第58号を発行し、会員宛に送付しました。
「八雲会報」は、当会事務局と同じ松江市総合文化センター内にある松江市立中央図書館でも配布しています。ぜひお読みください。

「八雲会報」第58号(2016年6月3日発行)

旧小泉八雲記念館と設計者山口蚊象  風呂鞏(広島ラフカディオ・ハーンの会主宰)
平成28年度八雲会定期総会
誰だ!「ワイマールのゲーテ記念館を模した」と言ったのは?:旧小泉八雲記念館  内田融(八雲会常任理事・事務局長)
一畑薬師の小泉八雲セット定食  高嶋敏展(写真家、アートプランナー)
田野医院のヒポクラテス像  内田融(八雲会常任理事・事務局長)、村松真吾(八雲会常任理事・出版部代表)
平成28年度松江市立中央図書館定期講座「小泉八雲に学び・親しむ」
平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩の入賞者
熊本地震義援金を募集します。ご協力ください。
湖畔通信

平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩の入賞者が決まりました

715x330_testimonials_h26

平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩(主催:松江市、松江市教育委員会、八雲会)の入賞者が以下の通り決定いたしました。入賞者の皆様、おめでとうございます。(敬称略。学校・学年は応募当時のもの)

Card

3月19日(土)には松江市総合文化センター(島根県松江市)にて表彰式を行いました。下記はその模様を伝える『毎日新聞』の記事です。

Card

平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩の第2次募集を締め切りました

平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩(主催:松江市、松江市教育委員会、八雲会)の第2次募集を、1月29日をもって締め切りました。ご応募下さった皆様、ありがとうございます。

なお、結果発表は2月下旬、表彰式は3月下旬の予定です。

「八雲会報」第57号ができました

このほど「八雲会報」(年2回発行)第57号を発行し、会員宛に送付しました。

八雲会の新刊『詩集 ヘルンさんがやってきた』をめぐって、著者の田村のり子さんと、編集に当たった村松真吾常任理事が、それぞれの立場でことばを寄せています。
ラフカディオ・ハーン(八雲会)を題材に紙芝居を制作・上演している錦織明理事(出雲かんべの里館長)は、ハーンが愛した出雲そばにまつわる考察。日野雅之会長は、1997年に山陰日本アイルランド協会と共催したアイルランド旅行の思い出を綴っています。

「八雲会報」は、当会事務局と同じ松江市総合文化センター内にある松江市立中央図書館でも配布しています。ぜひお読みください。

「八雲会報」第57号(2015年12月25日発行)

弁明と宣伝  田村のり子(八雲会会員)
ラフカディオ・ハーンと出雲蕎麦  錦織明(出雲かんべの里館長、八雲会理事)
田村のり子詩集『ヘルンさんがやってきた』(八雲会刊)の「引用」考  村松真吾(八雲会常任理事)
御寄贈いただきました。
第49回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト(9・27)の入賞者
八雲会50年記念 1997年アイルランド親善旅行の思い出  日野雅之(八雲会会長)
湖畔通信
2015年 小泉八雲の話題から

平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩の第2次募集を始めました

平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩(主催:松江市、松江市教育委員会、八雲会)の第2次募集を、12月1日(火)より始めました。

本コンクールは、「小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の功績をたたえ、その作品を対象とする感想文、作詞・詩の募集を行うことにより、八雲の作品の読書をすすめ、豊かな心をそだてるとともに、国際社会への理解を深めることを目的と」して(募集要項より)、昭和62(1987)年度に始まり、毎年実施しています。

優秀賞および優良賞の副賞には、昨年度より小泉八雲記念館旧居の年間パスポートを加えました。

締切は平成28年1月29日(金)です。詳しくは下記リンク先をご覧ください。多数のご応募をお待ちしています。

平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩
 

平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩 第1次募集を締め切りました

平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩(主催:松江市、松江市教育委員会、八雲会)の第1次募集は、9月30日(水)消印分で締め切りました。ご応募ありがとうございます。第2次募集は12月1日(火)から行いますので、読書の秋を楽しんだあと、奮ってご応募ください。

第49回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテストの結果について

第49回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト受賞者の記念撮影

第49回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト受賞者の記念撮影

本日9月27日、松江市総合文化センター(島根県松江市)で開催しました「第49回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト」(主催:松江市、松江市教育委員会、八雲会)の入賞者は次の方々です。入賞者のみなさま、おめでとうございます。出場者のみなさま、ご参加ありがとうございます。

ジュニアの部

松江市長賞・へるん賞

葛尾真衣(くずお・まい)
島根大学教育学部附属中学校3年
THE FOUNTAIN OF YOUTH

松江市教育委員会教育長賞

松浦宝(まつうら・たから)
出雲市立四絡小学校4年
THE STORY OF MIMI-NASHI-HOICHI

八雲会長賞

山田素子(やまだ・もとこ)
松徳学院中学校3年
A DEAD SECRET

一般財団法人日本国際協力センター理事長賞

小澤明里(おざわ・あかり)
松江市立揖屋小学校5年
THE STORY OF MIMI-NASHI-HOICHI

山陰日本アイルランド協会長賞

川﨑玲雄(かわさき・れお)
松江市立東出雲中学校3年
THE FOUNTAIN OF YOUTH

八雲会奨励賞

山田ゆかり(やまだ・ゆかり)
松江市立第四中学校3年
YUKI-ONNA

小澤実里(おざわ・みのり)
松江市立揖屋小学校2年
URASHIMA TARO

松浦貴乃(まつうら・きの)
出雲市立第三中学校2年
THE STORY OF A FUTON IN TOTTORI

青柳もえ(あおやぎ・もえ)
川本町立川本中学校3年
OSHIDORI

小笠原果穂(おがさはら・かほ)
松江市立湖北中学校3年
A BOY WHO DREW CATS

シニアの部

松江市長賞・アイルランド大使賞

張天澤寧(ちょう・てんざねい)
松徳学院高等学校2年
THE STORY OF A FUTON IN TOTTORI

松江市教育委員会教育長賞

佐川優希(さがわ・ゆき)
松江工業高等専門学校1年
A BUTTERFLY

八雲会長賞

永野朋華(ながの・ともか)
島根県立松江東高等学校2年
YUKI-ONNA

一般財団法人日本国際協力センター理事長賞

今本有咲(いまもと・ありさ)
島根県立出雲高等学校2年
THE FOUNTAIN OF YOUTH

山陰日本アイルランド協会長賞

上垰菜都美(うえたお・なつみ)
島根県立浜田高等学校2年
THE STORY OF O-TEI

八雲会奨励賞

伊藤有希(いとう・ゆき)
島根県立益田高等学校2年
THE STORY OF UMETSU CHUBEI

上野孝斗(うえの・たかと)
松徳学院高等学校1年
OF A PROMISE KEPT

昌子茉衣(しょうじ・まい)
松江清心養護学校3年
THE FOUNTAIN OF YOUTH

杉谷七菜子(すぎたに・ななこ)
石見智翆館高等学校1年
MUJINA

美田千璃(みた・ちあき)
湯梨浜高等学校1年
A BOY WHO DREW CATS

(敬称略)

第49回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト開催中。今年は壇上に机を置かず、全身が見える形で発表していただきました。16:30より表彰式です。

Posted by 八雲会 on 2015年9月26日

八雲会創立100年記念事業「八雲の記憶、百年の継承。」における会誌『へるん』第52号お披露目中止と、同時開催イベントの追加について

7月4日(土)松江市総合文化センターにて開催する八雲会創立100年記念事業「八雲の記憶、百年の継承。」にて予定しておりました会誌 『へるん』新刊(第52号)のお披露目は、同号の完成が間に合いませんでしたので、中止いたします。楽しみにしてくださった皆様には謹んでお詫び申し上げます。同号は後日、会員宛に郵送するほか、八雲会事務局など取扱所で頒布いたします。

なお、当日は下記の同時開催事業が追加決定いたしましたので、あわせてご案内申し上げます。

  • 小泉八雲関連イベントのポスター展では、石川陽春常任理事(グラフィックデザイナー)がデザインしたポスター以外の八雲関連作品(小泉八雲記念館企画展のパンフレット、記念事業のチラシほか)もあわせて展示いたします。
  • ご来場の方には、八雲会の歴史がわかる資料、写真、年表を掲載したパンフレット(A4変型判、32ページ)と記念品をさしあげます。
  • 第二次八雲会思い出の写真のスライド上映(開会前・休憩時間に行います)

平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩の第1次募集を始めました

平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩(主催:松江市、松江市教育委員会、八雲会)の第1次募集を、7月1日(水)より始めました。

本コンクールは、「小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の功績をたたえ、その作品を対象とする感想文、作詞・詩の募集を行うことにより、八雲の作品の読書をすすめ、豊かな心をそだてるとともに、国際社会への理解を深めることを目的と」して(募集要項より)、昭和62(1987)年度に始まり、毎年実施しています。

優秀賞および優良賞の副賞には、昨年度より小泉八雲記念館旧居の年間パスポートを加えました。

第1次募集の締切は9月30日(水)です。また、第2次募集を12月1日(火)から平成28年1月29日(金)まで実施する予定です。詳しくは下記リンク先をご覧ください。多数のご応募をお待ちしています。

平成27年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩
 

「八雲会報」第56号ができました

このほど「八雲会報」(年2回発行)第56号を発行し、会員宛に送付しました。

今年は第一次八雲会創立100年・第二次八雲会発足50年を迎えるのにちなみ、第二次八雲会の思い出を特集しました。巻頭では横山純子常任理事が、1990年代を中心に数多くの事業を推進し、2002年に亡くなった銭本健二会長の業績をふりかえっています。7月4日に開催する八雲会創立100年記念講演会・シンポジウム「八雲の記憶、百年の継承。」のご案内も。

「八雲会報」は、当会事務局と同じ松江市総合文化センター内にある松江市立中央図書館でも配布しています。ぜひお読みください。

「八雲会報」第56号(2015年6月1日発行)

銭本先生と八雲会  横山純子(八雲会常任理事)
八雲会創立100年記念講演会・シンポジウム「八雲の記憶、百年の継承。」
八雲会50年 相互信頼の大切さ  伊藤亮輔(八雲会顧問、元会長)
八雲会と私  白築和夫(八雲会顧問、元事務局長)
創立50年記念原稿募集
祝 八雲会創立50年:創立当時の写真/第二次八雲会の発起人/八雲会設立呼びかけ文
平成27年度松江市立中央図書館定期講座「小泉八雲に学び・親しむ」
平成26年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩の入賞者
湖畔通信


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。