八雲会ブログ

ホーム » 八雲会ブログ » 松江市ふるさと文庫『松江城再発見』刊行、「ラフカディオ・ハーンの見た天守」の章も

松江市ふるさと文庫『松江城再発見』刊行、「ラフカディオ・ハーンの見た天守」の章も

江戸時代を中心に松江の歴史を紹介している「松江市ふるさと文庫」の16巻目となる、建築史家・西和夫さん(神奈川大学名誉教授)の『松江城再発見:天守、城、そして城下町』が発刊されました。

「松江城天守の国宝化を目指し、重ねてきた研究・調査の集大成」として、「最新の研究成果を広くお伝えし、松江城天守の価値を正確に理解して、正当に評価するために、その特色や歴史的背景について、もう一度確認(再発見)していただ」く(松江市ホームページ)ことを目指したこの新刊。第III章では「ラフカディオ・ハーンの見た天守」と題し、「小泉八雲の視点から見た松江城天守について紹介」しているとのことです。ハーンは作品「神々の国の首都」(『知られぬ日本の面影』)で、天守閣の姿を「容貌怪異な竜」(村松真吾訳『新版 神々の国の旅案内』より)と形容しています。

定価は800円(税別)。松江市内や島根県内の主要書店、松江城、松江歴史館ミュージアムショップなどで販売されます。

松江市ホームページ : 松江市ふるさと文庫16「松江城再発見」の発刊について


このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。