イベント情報, イベント情報のピックアップ

ホーム » イベント情報, イベント情報のピックアップ » 松江市民文化講演会:荒俣宏「小泉八雲と平井呈一」(第26回松江市民文化祭)

新型コロナウイルス感染症や自然災害等の影響により、開催予定に影響が出る可能性があります。最新の実施状況は各主催者様にご確認下さい。

全国のイベントカレンダーもご覧いただけます → Facebookページ / Googleカレンダー

松江市民文化講演会:荒俣宏「小泉八雲と平井呈一」(第26回松江市民文化祭)

講演・講座、松江国際文化観光都市70周年記念事業

基本情報

日時
2022年10月8日(土) 13:00
当初予定:2021年10月9日(土)13:30
会場
松江テルサ 4階 大会議室(島根県松江市朝日町478-18)
当初予定:松江市総合文化センター プラバホール(島根県松江市西津田6-5-44)
講師
荒俣宏(博物学者、小説家、翻訳家)
料金
入場無料(要整理券/申込多数の場合は抽選)
問い合わせ先
松江市文化協会 電話:0852-25-9521

内容

※【2022/9/5追記】2021年度に新型コロナウイルス感染症拡大の影響により中止された講演会が、2022年度に延期の上開催されます。


博物学者、小説家、翻訳家として幅広く活躍する荒俣宏さんの講演会です。演題に掲げられた平井呈一は、ハーンの全著書を単独で全訳した『小泉八雲作品集』(恒文社)で知られる翻訳家で、荒俣さんの師に当たります。
2021年5月、紀田順一郎監修、荒俣宏編の評伝『平井呈一 生涯とその作品』(松籟社)が刊行されました。

講師略歴
1947年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、コンピュータ・プログラマーとして働きながら雑誌『怪奇と幻想』を編集、英米幻想文学の翻訳・評論活動を続ける。
翻訳家として独立後に著わした小説『帝都物語』(日本SF大賞受賞)はシリーズ500万部のベストセラーに。日本初の博物図譜集『世界大博物図鑑』は全5巻・別巻2で完結、第2巻『魚類』でサントリー学芸賞を受賞した。
中学3年の時、平井呈一に手紙を送り、弟子入り。文學から江戸文化まで幅広く薫陶を受けた。
松江市文化協会のホームページより)

SNS・新聞記事

その他の情報

申込方法
はがき、FAX、Eメールで。
必要事項:郵便番号、住所、電話番号、氏名、参加希望人数
申込受付期間
2022年9月29日(木)必着
当初予定:2021年9月30日(木)必着
申込先
松江市文化協会
〒690-8540 松江市末次町86 松江市文化振興課内
FAX:0852-55-5070
bunka@web-sanin.co.jp
主催
松江市、松江市文化協会
詳しい情報
http://www.matsue-bunka.jp/info/2022.html

このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。