イベント情報, イベント情報のピックアップ

ホーム » イベント情報, イベント情報のピックアップ » 小泉八雲、妖怪へのまなざし(小泉八雲生誕170年/来日・来松130年記念企画展)

全国のイベントカレンダーもご覧いただけます → Facebookページ / Googleカレンダー

小泉八雲、妖怪へのまなざし(小泉八雲生誕170年/来日・来松130年記念企画展)

展覧会、小泉八雲生誕170年/来日・来松130年記念事業

基本情報

日時
2020年6月27日(土)〜2021年6月6日(日)
※初日は小泉八雲170回目の誕生日
4月~9月:8:30-18:30(受付は18:10まで)
10月~3月:8:30-17:00(受付は16:40まで)
会場
小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322)
料金
大人 410円、小・中学生200円(団体割引、外国人割引、小泉八雲旧居との2館共通券等あり)
問い合わせ先
小泉八雲記念館 電話:0852-21-2147

内容

この企画展では、八雲の再話作品の中から、特に原典が確認できる江戸・明治初期の和装本(富山大学附属図書館所蔵)による約20話の比較展示、妖怪文化が花開いた江戸期の妖怪絵巻(湯本豪一記念日本妖怪博物館〔三次もののけミュージアム〕所蔵)、『妖魔詩話』より八雲の解説・イラストと『狂歌百物語』の比較展示、QRコードによる八雲作品の読み取り、さらには、妖怪漫画家水木しげるによるイラスト(水木プロダクション所蔵)などを展示します。この展示を通して、再話文学というジャンルで遺憾なく発揮された八雲の作家としての特色と、東大講義で学生に語った妖怪・怪談・再話文学への定義などを引用しながら、縦横無尽に絡み合う八雲の怪談創作の舞台裏をひも解いてみたいと思います。
小泉八雲記念館のホームページより)

Lafcadio Hearn: Visions of the Supernatural

小泉八雲 生誕170年/来日・来松130年記念企画展 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、山陰中央新報社 特別協力:富山大学附属図書館、水木プロダクション、水木しげる記念館、湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム) 後援:八雲会、朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、日本経済新聞社松江支局、産經新聞社、時事通信社松江支局、 中国新聞社、島根日日新聞社、NHK松江放送局、TSKさんいん中央テレビ、BSS山陰放送、日本海テレビ、山陰ケーブルビジョン、エフエム山陰、エフエムいずも ヘッダー画像:富山大学附属図書館所蔵 Saturday June 27, 2020-Sunday June 6, 2021 Exhibition Room 3 Exhibition: The 170th Anniversary of the Birth of Lafcadio Hearn & the 130th Anniversary of His Arrival in Japan and Matsue organizer: Lafcadio Hearn Memorial Museum co-organizers: Matsue City / The San-in Chuo Shimpo Newspaper Co., Ltd.

報道記事

小泉八雲、生誕170年 松江で記念展、原典紹介|室蘭民報社 電子版

記念展で展示された小泉八雲と水木しげるさんが描いた妖怪の絵=27日午前、松江市  日本文化を世界に広めた明治時代の作家、小泉八雲(こいずみ・やくも)(ラフカディオ・ハーン、1850〜1904年)が生まれて170年となった27日、松江市の小泉八雲記念館で、八雲の作品の原典や魅力を紹介する記念展「小泉八雲、妖怪へのまなざし」が始まった。来年6月6日まで。 …

島根)八雲生誕170年 記念館で企画展始まる:朝日新聞デジタル

「ろくろ首」や「耳なし芳一」などの怪談で知られる作家、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲、1850〜1904)の生誕から170年となる27日、松江市の小泉八雲記念館で、作品の原典などを紹介する企画展「小泉八雲、妖怪へのまなざし」が始まった。来年6月6日まで。 …

八雲にとっての妖怪って? : ニュース : 島根 : 地域 : ニュース

読売新聞の購読者は、 読者会員登録をしていただくと閲覧できます。(登録・利用料無料)

山陰中央新報社|「小泉八雲、妖怪へのまなざし」開幕

松江ゆかりの文豪・小泉八雲の生誕170年と来日・来松130年を記念した企画展「小泉八雲、妖怪へのまなざし」が27日、松江市奥谷町の小泉八雲記念館で始まった。代表的な怪談作品の題材となった書籍など約60点を展示。八雲の超自然的な世界観や創作の舞台裏に迫る。2021年6月6日まで。 …

八雲が思いはせた妖怪 生誕170年企画展 門外不出だった蔵書/水木しげるさんのイラスト 松江・記念館 /島根 – 毎日新聞

明治の文豪、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン、1850〜1904年)の生誕170年を迎えた27日、松江市奥谷町の小泉八雲記念館で企画展「小泉八雲、妖怪へのまなざし」が始まった。数年前まで門外不出とされていた富山大付属図書館所蔵の八雲の蔵書や、鳥取県境港市出身の漫画家・水木しげるさんのイラストなど計61点を展示する。 …

小泉八雲 生誕170年展|NHK 島根県のニュース

「怪談」などの作品で知られる松江ゆかりの明治の文豪、小泉八雲が生まれて170年となるのを記念して、八雲が描いた妖怪のイラストなどを紹介する展示会が開かれています。 ことしで生誕170年となる小泉八雲は、松江市などで英語教師として働きながら「怪談」など、妖怪に関する作品を多数執筆したことで知られていて、松江市の小泉八雲記念館では、八雲が描いた妖怪のイラストなど61点を紹介しています。 …

小泉八雲記念館がSNSで発信|NHK 島根県のニュース

松江ゆかりの明治の文豪、小泉八雲に関する資料などを展示している松江市の小泉八雲記念館は、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、SNSを活用した取り組みを行っています。 小泉八雲記念館では、およそ2か月の休館期間を経て、先月1日から再開しましたが、入館者の数を常に20人前後に制限するなどの感染防止対策をとっています。 …

その他の情報

主催
小泉八雲記念館
共催
松江市、山陰中央新報社
後援
八雲会、朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、日本経済新聞社松江支局、産經新聞社、時事通信社松江支局、 中国新聞社、島根日日新聞社、NHK松江放送局、TSKさんいん中央テレビ、BSS山陰放送、日本海テレビ、山陰ケーブルビジョン、エフエム山陰、エフエムいずも
協力
富山大学附属図書館、水木プロダクション、水木しげる記念館、湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)
詳しい情報
https://www.hearn-museum-matsue.jp/exhibition-supernatural.html

このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。