イベント情報

ホーム » イベント情報 » 生誕170年 ラフカディオ・ハーンの共感力:発見、探求、そして発信へ

全国のイベントカレンダーもご覧いただけます → Facebookページ / Googleカレンダー

生誕170年 ラフカディオ・ハーンの共感力:発見、探求、そして発信へ

展覧会

基本情報

日時
【会期延長】2020年4月11日(土)~6月22日(月)7月5日(日)9:30-18:00(観覧受付は17:30まで)
※休館日:毎週火曜日、5月7日(木)
※5月5日(火・祝)は開館
会場
高志の国文学館(富山市舟橋南町2-22)
料金
一般400円/大学生200円/小・中・高校生及びこれに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は無料。
問い合わせ先
高志の国文学館 電話:076-431-5492

内容

ラフカディオ・ハーンは、40歳になる明治23年に初めて来日し、亡くなるまでの14年間に、紀行文、随想、文化論、民間伝承や古典に基づく再話文学など、日本に関する数々の著作を残しました。本展では、自身の体験に基づく日本文化論、日本の物語をもとにした文学作品、日本の学生たちに語った文学論等を通じて、開かれた精神をもつハーンの、共感力豊かな文学の世界を探ります。
主催者ホームページより)

高志の国文学館 | 【前売券発売中】「生誕170年 ラフカディオ・ハーンの共感力—発見、探求、そして発信へ」

ホーム 展示情報 企画展 【前売券発売中】「生誕170年 ラフカディオ・ハーンの共感力—発見、探求、そして発信へ」 高志の国文学館では、4月11日(土)より企画展「生誕170年 ラフカディオ・ハーンの共感力—発見、探求、そして発信へ」を開催します。 お得な前売券を発売しておりますので、ぜひお買い求めください。 …

新型コロナウイル感染拡大防止に伴い、関連イベントの多くが中止・延期になりました。また、会期が7月5日(日)まで延長されました。

高志の国文学館 | 企画展スケジュール変更のお知らせ

null

高志の国文学館 | (5/27追記)【中止・延期】企画展「生誕170年 ラフカディオ・ハーンの共感力—発見、探求、そして発信へ」関連イベントのお知らせ

国内における新型コロナウイルスの感染の発生状況を踏まえ、感染拡大防止の観点から、企画展「生誕170年 ラフカディオ・ハーンの共感力—発見、探求、そして発信へ」の下記関連イベントについては、中止・延期とさせていただくことといたしました。 参加を予定されていた皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご理解のほどよろしくお願いいたします。 ※なお、展示については、感染拡大防止対策を行いつつ、通常通り開催しております。 (1)【中止】「生誕170年 ラフカディオ・ハーンの共感力—発見、探求、そして発信へ」の開会式  日時:令和2年4月11日(土)10:00〜  会場:高志の国文学館エントランス (2)【中止】記念講演「オープン・マインドで見た日本の美」  講師:小泉八雲記念館館長・小泉凡氏  日時:令和2年4月11日(土)14:00〜15:30  会場:高志の国文学館研修室101 (3)【中止】関連講座「ラフカディオ・ハーンの共感力—『日本の面影』を旅する」  講師:早稲田大学名誉教授・池田雅之氏  日時:令和2年4月26日(日)14:00〜15:30  会場:高志の国文学館研修室101 (4)【中止】担当学芸員によるギャラリートーク(展示解説)  日時:令和2年4月26日(日)、5月16日(土)  会場:高志の国文学館企画展示室 (5)【中止】関連講座「ライブ ハーン先生東大講義—日本文学の未来のために」  講師:富山県芸術文化協会名誉会長・吉田泉氏  日時:令和2年5月5日(火・祝)14:00〜15:00  会場:高志の国文学館研修室101 (6)【延期】関連講座「ラフカディオ・ハーンとフランス文学」  講師:富山大学人文学部教授・中島淑恵氏  日時:令和2年5月16日(土)14:00〜15:30  会場:高志の国文学館研修室101 (7)【中止】記念イベント「語り琵琶 耳なし芳一」  出演:俳優、語り琵琶・伊藤哲哉氏  日時:令和2年5月23日(土)14:00〜15:10  会場:高志の国文学館研修室101 (8)【中止】関連講座「小泉八雲はなぜ富山に」  出演:マリ・クリスティーヌ氏      (東京女子大学特任教授、元国連ハビタット親善大使)  日時:令和2年5月30日(土)14:00〜15:30  会場:高志の国文学館研修室101 (9)【中止】紙芝居(①)/紙芝居+朗読(②)  出演:富山八雲会  作品:①「おだんごをなくしたおばあさん」「むじな」      ②「若返りの泉」(紙芝居)        「耳なし芳一の話」「おしどり」(朗読)  日時:①5月9日(土)14:00〜14:30      ②6月13日(土)14:00〜15:00  会場:高志の国文学館ライブラリーコーナー (10)【中止】テーマ別ミニ解説「ハーンこぼれ話」  出演:富山八雲会  テーマ:①「ハーンに語った女性たち」       ②「明治のお雇い外国人の共感力」       ③「科学者?ハーン」  日時:①5月9日(土)紙芝居終了後      ②・③6月6日(土)14:00〜  会場:高志の国文学館ライブラリーコーナー (11)【中止】担当学芸員によるギャラリートーク(展示解説)  日時:令和2年6月13日(土)  会場:高志の国文学館企画展示室

高志の国文学館 | 高志の国文学館 文学講座(大学連携シリーズ)のご案内

一般200円(団体160円) ※70歳以上の方は常設展示のみ無料で観覧できます。(年齢を証明できるものが必要です。)

報道記事

【富山】「小泉八雲」生涯に迫る 富山

生誕170年草稿など展示  「耳なし芳一」「雪女」などの怪談の作者「小泉八雲」として知られるラフカディオ・ハーン(1850〜1904年)の生涯に迫った企画展「生誕170年 ラフカディオ・ハーンの共感力」が11日、富山市の高志の国文学館で始まった。6月22日まで。 …

富山)多様性、愛した人生 作家ラフカディオ・ハーン:朝日新聞デジタル

「耳なし芳一」や「雪女」などの怪談で知られる作家ラフカディオ・ハーン(小泉八雲、1850〜1904)。世界中を旅した民俗学者は、異質なものを受け入れ、多様性を愛する心の持ち主だった。生誕170年。分断が目立つ時代に、豊富な文献が残る富山県内で研究が進んでいる。(田島知樹) …

高志の国文学館と同館ミュージアムショップのSNSより

その他の情報

主催
高志の国文学館
共催
国立大学法人富山大学、北日本新聞社
後援
NHK富山放送局
協力
小泉家、小泉八雲記念館、松江市立中央図書館、焼津小泉八雲記念館、池田記念美術館、富山八雲会
詳しい情報
http://www.koshibun.jp/tid=100179

このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。