イベント情報, イベント情報のピックアップ

ホーム » イベント情報, イベント情報のピックアップ » 小泉八雲再発見シンポジウム−松江市−「小泉八雲とは何者だったのか」

全国のイベントカレンダーもご覧いただけます → Facebookページ / Googleカレンダー

小泉八雲再発見シンポジウム−松江市−「小泉八雲とは何者だったのか」

講演・講座、シンポジウム

基本情報

日時
2019年9月29日(日)13:30-16:30
会場
松江市市民活動センター 5階 交流ホール(島根県松江市白瀉本町43 STCIビル)
講師
小泉凡(小泉八雲記念館館長、島根県立大学短期大学部名誉教授)
酒井董美(元島根大学法文学部教授)
ダスティン・キッド(島根県立大学短期大学部准教授)
歌:Ritsuko(八王子FM DJ、遣島使、松江観光大使)
料金
聴講無料
問い合わせ先
島根半島四十二浦巡り再発見研究会事務局 電話:090-4572-0641(木幡)

内容

「怪談」などで知られる世界的文豪、日本民俗学者でもあった小泉八雲は、『古事記』の英語版を片手にアメリカから来日し、松江を拠点として島根半島の出雲大社から美保関・隠岐諸島を訪ねて、「知られぬ日本の面影」に日本の情景・信仰の姿を記述し世界に紹介しています。諸外国の観光客が増えている今、八雲(へルンさん)が世界に紹介した松江の魅力をあらためて考えてみませんか。
島根半島四十二浦巡り再発見研究会のホームページより)

講演

「小泉八雲をめぐる日米交流史」
講師:小泉凡(小泉八雲記念館館長、島根県立大学短期大学部名誉教授)
「八雲と怪談:水飴を買う女を中心に」
講師:酒井董美(元島根大学法文学部教授)
「八雲が愛した松江 (The Matsue that Yakumo Loved)」
講師:ダスティン・キッド(島根県立大学短期大学部准教授)

朗読と独唱

朗読「八雲の怪談:小豆とぎ橋・持田の浦の話」
独唱「八雲が聴いた‘海士町の子守歌’、神在月・荒城の月・出雲の神に捧げる歌・アイルランドの民謡春の日の花と輝く」
歌:Ritsuko(八王子FM DJ、遣島使、松江観光大使)

八雲の旅、松江・出雲・隠岐諸島の写真展示

9.29 「小泉八雲再発見シンポジウム−松江市−」の開催について

9/29  「小泉八雲再発見シンポジウム−松江市−」開催のお知らせ ( Who Was Lafcadio Hearn?) 「怪談」などで知られる世界的文豪、日本民俗学者でもあった小泉八雲は、『古事記』の英語版を片手にアメリカから来日し、松江を拠点として島根半島の出雲大社から美保関・隠岐諸島を訪ねて、「知られぬ日本の面影」に日本の情景・信仰の姿を記述し世界に紹介しています。諸外国の観光客が増えている今、八雲(へルンさん)が世界に紹介した松江の魅力をあらためて考えてみませんか。 Lafcadio Hearn who is known as an author of “KWAIDAN”, a great writer around the world, was also a folklorist of Japan. He came to Japan from America with “Kojiki” which is Japanese historical record of English edition in his hand.

その他の情報

主催
島根半島四十二浦巡り再発見研究会
後援
島根県、島根半島・宍道湖中海(国引き)ジオパ-ク推進協議会 
詳しい情報
http://42ura.jp/406.html

このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。