[焼津]英文学講座 英語で読む小泉八雲 Vol. 3「赤い婚礼:赤の謎に迫る」

◆日時
2022年6月26日(日)14:00(13:30開場)
7月10日(日)14:00(13:30開場) ※日程追加

◆場所
焼津小泉八雲記念館(静岡県焼津市三ケ名1550 焼津市文化センター内)
◆講師
又木克昌
◆申込受付
6月7日(火)9:00より電話にて
◆問い合わせ先
焼津小泉八雲記念館
電話:054-620-0022
◆主催
焼津小泉八雲記念館
◆詳しい情報
http://www.city.yaizu.lg.jp/g09-002/202205182.html

【第28回企画展示会「八雲と結婚:永遠の女性を追って」】
◆日時
2022年4月16日(土)〜7月26日(火)9:00-17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日が休館)

https://www.city.yaizu.lg.jp/yaizu-yakumo/tennjikai/20220309.html

[焼津]「八雲と結婚:永遠の女性を追って」フロアレクチャー

◆日時
2022年5月14日(土)、6月25日(土)、7月17日(日)14:00-14:30
※予約不要。
◆場所
焼津小泉八雲記念館(静岡県焼津市三ケ名1550 焼津市文化センター内)
◆問い合わせ先
焼津小泉八雲記念館
電話:054-620-0022
◆主催
焼津小泉八雲記念館
◆詳しい情報
https://www.city.yaizu.lg.jp/yaizu-yakumo/tennjikai/20220309.html


【第28回企画展示会「八雲と結婚:永遠の女性を追って」】
◆日時
2022年4月16日(土)〜7月26日(火)9:00-17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日が休館)

[焼津]焼津小泉八雲記念館第28回企画展示会「八雲と結婚:永遠の女性を追って」

◆日時
2022年4月16日(土)〜7月26日(火)9:00-17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日が休館)
◆場所
焼津小泉八雲記念館(静岡県焼津市三ケ名1550 焼津市文化センター内)
◆料金
入館無料
◆問い合わせ先
焼津小泉八雲記念館
電話:054-620-0022
◆主催
焼津小泉八雲記念館
◆詳しい情報
https://www.city.yaizu.lg.jp/yaizu-yakumo/tennjikai/20220309.html


【ミニ写真展「八雲とセツの足跡」】
◆日時
2022年4月16日(土)〜7月26日(火)9:00-17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日が休館)

【文学講座「赤い婚礼:赤の謎に迫る」】
◆日時
2022年6月26日(日)14:00(13:30開場)
◆講師
又木克昌
◆申込受付
6月7日(火)9:00より電話にて

【フロアレクチャー(全3回)】
担当学芸員による展示解説。
◆日時
2022年5月14日(土)、6月25日(土)、7月17日(日)14:00-14:30
※予約不要。

【企画展スペシャルクイズ】
展示内容にまつわるクイズ。高得点者には、リニューアルした記念品を贈呈。

[焼津]焼津小泉八雲記念館第28回企画展示会「八雲と結婚:永遠の女性を追って」

◆日時
2022年4月16日(土)〜7月26日(火)9:00-17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日が休館)
◆場所
焼津小泉八雲記念館(静岡県焼津市三ケ名1550 焼津市文化センター内)
◆料金
入館無料
◆問い合わせ先
焼津小泉八雲記念館
電話:054-620-0022
◆主催
焼津小泉八雲記念館
◆詳しい情報
https://www.city.yaizu.lg.jp/yaizu-yakumo/tennjikai/20220309.html


【ミニ写真展「八雲とセツの足跡」】
◆日時
2022年4月16日(土)〜7月26日(火)9:00-17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日が休館)

【文学講座「赤い婚礼:赤の謎に迫る」】
◆日時
2022年6月26日(日)14:00(13:30開場)
◆講師
又木克昌
◆申込受付
6月7日(火)9:00より電話にて

【フロアレクチャー(全3回)】
担当学芸員による展示解説。
◆日時
2022年5月14日(土)、6月25日(土)、7月17日(日)14:00-14:30
※予約不要。

【企画展スペシャルクイズ】
展示内容にまつわるクイズ。高得点者には、リニューアルした記念品を贈呈。

[テレビ]NHK Eテレ(全国)『手話で楽しむみんなのテレビ』「怪談・奇談編」再放送

◆日時
NHK Eテレ(全国) 
2022年4月3日(日)14:30-15:00
初回放送:
2022年3月25日(金)22:30-23:00
NHKプラスでの見逃し配信:
2022年4月1日(金)23:00まで
◆出演
白石加代子、菊川れん、江副悟史、八百谷梨江、數見陽子、那須映里
◆詳しい情報
https://www.nhk.jp/p/ts/DWVZ19NZGV/
[NHKプラス]
https://plus.nhk.jp/watch/st/e1_2022032507689?cid=jp-DWVZ19NZGV

[松江]定期講座「小泉八雲に学び・親しむ」2022年8月「ヘルンが書いた音と色」

◆日時
2022年8月27日(土)13:30-15:00
◆会場
松江市市民活動センター(STICビル) 5階 501・502研修室(島根県松江市白潟本町43)
◆講師
日下舞子(古本屋 shoka books 店主)
◆定員
45名(先着順)
◆料金
受講料:無料
テキスト代:年間1,000円
◆申込受付開始日
2022年3月28日(月)
◆申込・問い合わせ先
松江市立中央図書館 臨時事務所
電話:0852-27-3220
FAX:0852-27-3270
◆主催
松江市立中央図書館
◆共催
八雲会
◆詳しい情報
https://www.lib-citymatsue.jp/teiki_kouza.html

[松江]定期講座「小泉八雲に学び・親しむ」2022年10月「家族から見た小泉八雲」

◆日時
2022年10月22日(土)13:30-15:00
◆会場
松江市市民活動センター(STICビル) 5階 501・502研修室(島根県松江市白潟本町43)
◆講師
酒井董美(民話・わらべ歌研究家、元島根大学法文学部教授)
◆定員
45名(先着順)
◆料金
受講料:無料
テキスト代:年間1,000円
◆申込受付開始日
2022年3月28日(月)
◆申込・問い合わせ先
松江市立中央図書館 臨時事務所
電話:0852-27-3220
FAX:0852-27-3270
◆主催
松江市立中央図書館
◆共催
八雲会
◆詳しい情報
https://www.lib-citymatsue.jp/teiki_kouza.html

[松江]松江ゴーストツアー(2022年)

◆日時
2022年5月7日(土)18:50
◆行程
一畑電車松江しんじ湖温泉駅(集合)→月照寺橋→月照寺→清光院→大雄寺→一畑電車松江しんじ湖温泉駅(解散)
◆監修・ナビゲーター(8/27のみ)
小泉凡(小泉八雲記念館館長)
◆料金
大人(小学生含む) 1,500 円
未就学児無料
◆定員
最大15名(最少催行人数5名)
◆申込受付期間
開催日の7日前まで
◆申し込み・問い合わせ先
一般社団法人松江観光協会有料ガイド窓口
電話:0852-26-2011
◆主催
一般社団法人松江観光協会
◆詳しい情報
https://www.kankou-matsue.jp/event_calendar/desc/?event=73874

【開講日変更】[松江]定期講座「小泉八雲に学び・親しむ」2022年7月「小泉八雲記念館特別展『虫の詩-かそけきものの声音を愛す』訪問」

※【6/30追記】7月の開講日が、会場の都合で23日(土)から24日(日)に変更となりました。

◆日時
2022年7月24日(日)13:30-15:00
当初予定:2022年7月23日(土)13:30-15:00
◆会場
小泉八雲記念館(島根県松江市奥谷町322)
◆講師
小泉祥子(小泉八雲記念館コーディネーター)
◆定員
45名(先着順)
◆料金
受講料:無料
テキスト代:年間1,000円
◆申込受付開始日
2022年3月28日(月)
◆申込・問い合わせ先
松江市立中央図書館 臨時事務所
電話:0852-27-3220
FAX:0852-27-3270
◆主催
松江市立中央図書館
◆共催
八雲会
◆詳しい情報
https://www.lib-citymatsue.jp/teiki_kouza.html

[松江]定期講座「小泉八雲に学び・親しむ」2022年12月「ラフカディオ・ハーンと万博」

◆日時
2022年12月17日(土)13:30-15:00
◆会場
松江市市民活動センター(STICビル) 5階 501・502研修室(島根県松江市白潟本町43)
◆講師
宮澤文雄(島根大学ラフカディオ・ハーン研究会会員、島根大学法文学部講師)
◆定員
45名(先着順)
◆料金
受講料:無料
テキスト代:年間1,000円
◆申込受付開始日
2022年3月28日(月)
◆申込・問い合わせ先
松江市立中央図書館 臨時事務所
電話:0852-27-3220
FAX:0852-27-3270
◆主催
松江市立中央図書館
◆共催
八雲会
◆詳しい情報
https://www.lib-citymatsue.jp/teiki_kouza.html


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。