イベント情報, イベント情報のピックアップ

ホーム » イベント情報, イベント情報のピックアップ » 小泉セツ—ラフカディオ・ハーンの妻として生きて

自然災害等の影響により、開催予定に影響が出る可能性があります。最新の実施状況は各主催者様にご確認下さい。

全国のイベントカレンダーもご覧いただけます → Facebookページ / Googleカレンダー

小泉セツ—ラフカディオ・ハーンの妻として生きて

展覧会

基本情報

日時
2024年6月27日(木)〜2025年6月8日(日)
4-9月:8:30-18:30(受付は18:10まで)
10-3月:8:30-17:00(受付は16:40まで)
会場
小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322)
料金
大人 410円、小・中学生200円(団体割引、小泉八雲旧居との2館共通券等あり)
問い合わせ先
小泉八雲記念館 電話:0852-21-2147

内容

2025年秋放送開始予定のNHK連続テレビ小説『ばけばけ』の主人公のモデル・小泉セツの生涯を紹介する企画展が、小泉八雲記念館(島根県松江市)で約1年にわたり開催されます。

1890(明治23)年、アメリカから日本にやってきたラフカディオ・ハーン。松江では「ヘルンさん」と親しまれたその人の妻となったのが、松江の士族の娘小泉セツでした。小泉セツが、64年の生涯を通して夫とともに過ごしたのは13年9ヶ月。おそらく彼女が最も生き甲斐を感じ美しく輝いていた時期だったでしょう。
本展は、西洋人の妻としてたくましくたおやかに時代を生き抜いたひとりの女性にフォーカスしていきます。『怪談』出版から120年、ハーンの没後120年を迎える今年、夫の再話文学創作における最大の功労者、小泉セツの生涯に光をあてることによって、セツというフィルターを通して作家ラフカディオ・ハーンを見つめなおしてみたいと思います。
(チラシより)

「小泉セツ—ラフカディオ・ハーンの妻として生きて」チラシ 表

「小泉セツ—ラフカディオ・ハーンの妻として生きて」チラシ 裏

会期中のイベント

詳しい情報:https://www.hearn-museum-matsue.jp/event-setsu.html

企画展オープニングイベント

オープニング式典
日時:2024年6月27日(木)9:30

「174th Birthday」「KWAIDAN 120」記念オリジナルグッズ進呈
日時:2024年6月27日(木)
先着120名

フロアトーク
日時:2024年6月27日(木)①10:00 ②14:00
案内:小泉凡(小泉八雲記念館館長)

「小泉セツ」レクチャーシリーズ

①明治時代の松江の士族—小泉セツが生きた時代のサムライたち
講師:笠井今日子(松江歴史館学芸員)
日時:2024年7月27日(土)14:00

②小泉セツの英単語帳
講師:松浦雄二(島根県立大学教授)
日時:2024年9月8日(日)14:00

③小泉セツと怪談
講師:長谷川洋二(『八雲の妻—小泉セツの生涯』著者)
日時:9月28日(土)14:00

④「語られた物語」の再話—媒介者としてのセツ
講師:三成清香(島根県立大学准教授)
日時:10月12日(土)14:00

⑤『KWAIDAN』120年 現代によみがえる超自然的なものの価値
講師:小泉凡(小泉八雲記念館館長)
日時:2025年1月12(日)14:00

怪談120 夏休みのこどもイベント

Ryoさんと作る、百鬼夜行絵巻—つくも神の大行進(仮)
講師:渡辺亮(パーカッショニスト、妖怪画家)
日時:2024年8月10日(土)14:00-15:30

怪談120 松江水燈路企画

演奏会 ヴァイオリンとハープで紡ぐKWAIDAN
演奏:X [iksa](イクサ)(辺見康孝+松村多嘉代)
日時:2024年10月6日(日)①18:00、②19:00

朗読会 ひとり語り 思い出の記
朗読:松島彩(山陰土着系女優)
日時:2024年10月19日(土)①18:00、②19:00

その他の情報

主催
小泉八雲記念館
共催
一般社団法人八雲会、松江市
協力
池田記念美術館、小泉家、鉄の歴史博物館、富山大学附属図書館、松江歴史館、焼津小泉八雲記念館
詳しい情報
https://www.hearn-museum-matsue.jp/exhibition-setsu.html

このカテゴリーに属する他の記事