小泉八雲について

略年譜

1850年 6月27日 ギリシアのイオニア群島のリュカディア(レフカダ)の町にアイルランド人のチャールズ・ブッシュ・ハーンとギリシア人のローザ・アントニオ・カシマチの第二子として生まれる。
1852年   父の実家のあるダブリンへ向かう。
1854年   母ローザはハーンを大叔母ブレナンに託してギリシアに帰る。
1857年   父チャールズはローザとの結婚無効を申し立て、アルシア・ゴスリンと結婚する。
1863年 9月 英国ダラム市郊のウショーにある聖カスパート校に入学する。
1866年   「ジャイアント・ストライド」の遊びをしている時にロープの結び目で左眼をうち、失明する。
1867ー1868年   大叔母ブレナン破産のためハーンは聖カスパート校を中退し、フランスのカトリック学校へ行く。さらに古い召使いキャサリン・デランを頼ってロンドンに移る。
1869年   親戚を頼ってアメリカのシンシナティーに行く。印刷屋のワトキンと友人となり、ジャーナリズムの様々な仕事をするようになる。
1872年   シンシナティー・インクワイヤラー社の有力な寄稿者となる。
1874年   挿し絵画家ファーニーと「イ・ジグランプス」を創刊。

発行巻数9号。

1875年 6月 黒人女性アリシア・フォリー(マティー)と結婚する。シンシナティー・コマーシャル社に移る。
1877年   結婚生活は破局を迎え、マティーは町を出る。
  10月 メンフィスを経由してニューオリンズに行く。
1878年 6月 ニューオリンズ・アイテム社で副編集者の職を得る。
1879年 3月 「不景気屋」という食堂を始めるが、相棒の売上金持ち逃げにより、店じまいとなる。
1880年 1月 タイムズ・デモクラット社の記者となる。
1882年 1月 タイムズ・デモクラット社の文芸部長となる。
1887年 7月 マルティニークに行く。
1889年 5月 ニューヨークに戻り、フィラデルフィアのグールドの家に滞在する。
1890年 3月 アビシニア号に乗船し、日本に向かう。
  4月 横浜に着く。
  7月 島根県尋常中学校(松江中学校)、師範学校の英語教師に任命される。
1891年   小泉セツと結婚する。
  11月15日 午前9時大橋西桟橋より汽船で松江を去る。
  11月 熊本第五高等学校に着任。
1893年 11月 長男一雄が生まれる。
1894年   神戸クロニクル社に転職。
1896年 2月 帰化手続きを完了し、小泉八雲と名乗る。
  9月 帝国大学文科大学講師に任命され、東京に移る。
1897年 2月 次男巌が生まれる。
1899年 12月 三男清が生まれる。
1903年 3月 帝国大学講師を退職する。
  9月 長女寿々子が生まれる。
1904年 3月 早稲田大学文学部の講師の職を受ける。
  9月26日 心臓発作のため死亡。(54歳)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。