イベント情報

ホーム » イベント情報 » 平成25年度八雲会定期総会記念講演会:中川智視「小泉八雲と服部一三—富山大学ヘルン文庫の調査と静岡福祉大学の企画展を経て」

全国のイベントカレンダーもご覧いただけます → Facebookページ / Googleカレンダー

平成25年度八雲会定期総会記念講演会:中川智視「小泉八雲と服部一三—富山大学ヘルン文庫の調査と静岡福祉大学の企画展を経て」

八雲会、講演・講座

基本情報

日時
2013年7月7日(日)15:00-16:30
会場
松江市総合文化センター 2階 視聴覚室(松江市西津田6-5-44)
講師
中川智視(明治大学兼任講師、武蔵野美術大学非常勤講師)
料金
聴講無料(八雲会の会員ではない方もご参加いただけます。 お誘い合わせの上、ご来場ください)
問い合わせ先
八雲会 事務局 電話:0852-25-1920

内容

八雲会定期総会の全日程は、下記リンク先をご覧ください。
平成25年度八雲会定期総会

松江で英語教師となったラフカディオ・ハーン(小泉八雲)と、彼の就職に尽力した官僚・服部一三。
ハーンの旧蔵書から、自然災害に対するハーンの高い関心をうかがわせる英文資料を発見・翻訳した中川さんが、ふたりの間に見出す意外な関係とは—?

講師:中川智視(明治大学兼任講師、武蔵野美術大学非常勤講師)

なかがわ・ともみ……1975年生まれ。共著書『ニューオーリンズとラフカディオ・ハーン——「死者たちの町」が生む文化混淆の想像力』(今井出版、2011年)。2011年、富山大学附属図書館ヘルン文庫におけるハーン旧蔵書の調査を通じて、明治三陸沖地震を当時の英字紙記者が取材した英文リーフレット“The Great Disaster in Japan, 15th June, 1896”(「日本での大災害 1896年6月15日」)を発見・翻訳する。同資料の発見を端緒とする研究成果は、静岡福祉大学附属図書館「小泉八雲と自然災害——ヘルンさんからのメッセージ」展(2012年)および「子どもの防災教材・稲むらの火誕生と服部一三——八雲を日本へ導いた人物」展(同)などで発表されている。

関連記事

“The Great Disaster in Japan, 15th June, 1896”(「日本での大災害 1896年6月15日」)と「小泉八雲と自然災害——ヘルンさんからのメッセージ」展については、会誌『へるん』第49号および下記リンク先でご紹介しています。また、富山大学学術情報リポジトリにも資料が公開されています。あわせてご覧ください。

20130707lecture
チラシ(PDFファイル:170KB)

その他の情報

主催
八雲会

このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。