‘没後110年’ タグのついている投稿

ホーム » 没後110年

あけましておめでとうございます:ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)没後110年

あけましておめでとうございます。

2014年、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)没後110年を迎えます。

没後100年にあたった2004年には、ハーンゆかりの全国5か所で連続国際シンポジウムが開催され、八雲会も松江のシンポジウムの運営に携わりましたが、今年はハーンの生誕地・ギリシャのレフカダ島で国際シンポジウムを開催することとなり、日本とギリシャの関係団体と連携しつつ、昨年から準備を進めています。

ハーンをめぐる学術的な議論だけでなく、ハーンにちなむ展覧会やパフォーマンスなども企画を練っていますので、お好きな角度でハーンの世界をお楽しみいただければと思います。日程は7月4日から6日です。この機会にレフカダ島を訪ねてみたい方は、今からスケジュールを空けておいてください。

本年もよろしくお願い申し上げます。

小泉八雲没後110年記念事業、2014年ギリシャで開催

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)没後110年を記念する国際シンポジウムを、2014年7月に八雲の生誕地であるギリシャのレフカダで開催することになりました。

このほど八雲の曾孫・小泉凡さん(島根県立大学短期大学部教授、八雲会名誉顧問)夫妻が、八雲が松江から転勤した地である熊本を訪問。熊本アイルランド協会の副島隆会長とともに関係者に協力を要請しました。その模様が熊本日日新聞に掲載されました。

熊本日日新聞 2013年4月16日付
ハーンの精神 現代に生かせ 来年没後110年 ギリシャでシンポジウム開催へ

ギリシャ・レフカダにおける没後110年記念国際シンポジウムについては、今後随時情報をお伝えしていきます。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。