‘富山’ タグのついている投稿

ホーム » 富山

アラン・ケラ=ヴィレジェ講演会「ピエール・ロチとラフカディオ・ハーン」5/6、富山大学で開催

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の蔵書を収めるヘルン文庫がある富山大学(富山市)で、アラン・ケラ=ヴィレジェさん(リセ・ヴィクトル・ユゴー教授)の講演会「ピエール・ロチとラフカディオ・ハーン」(Conférence: Pierre Loti et Lafcadio Hearn par Alain Quella-Villéger)が、連休最終日の5月6日(水)に開催されます。

ロチ(1850-1923)はハーンと同じ年に生まれたフランスの作家・海軍士官で、1885(明治18)年に初来日、『お菊さん(Madame Chrysenthème)』など日本を舞台にした小説を書き、ハーンにも影響を与えたとされる人物です。

来る2015年5月6日(水)14:00~15:30,人文学部第6講義室で「アラン・ケラ=ヴィレジェ講演会「ピエール・ロチとラフカディオ・ハーン」 / Conférence:Pierre Loti et Lafcadio Hearnpar…

Posted by 富山大学附属図書館(中央図書館) on 2015年4月19日

 

富山大学附属図書館: 富山大学学術情報リポジトリの高頻度ダウンロード文献、12月の1位・2位はヘルン文庫所蔵資料

富山大学の研究成果や所蔵資料のデジタルデータをインターネットで公開している富山大学学術情報リポジトリToRepoでは、月別の高頻度ダウンロード文献の順位を見ることができます。先月2014年12月の全体のダウンロード数1位と2位はともに、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の旧蔵書を収蔵するヘルン文庫の所蔵資料でした。

『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』は鎌倉時代に成立した説話集で、ハーンの作品「おしどり(Oshidori)」(『怪談(Kwaidan)』)の原拠とされる説話が収められています。

Japan: An Attempt at Interpretationは、『日本—一つの試論』『神国日本』などの邦題で知られるハーン最後の著書です。

また、4位「富山大学附属図書館所蔵ヘルン(小泉八雲)(ラフカディオ・ハーン)文庫目録 : 改訂版(稿)」、6位「繪本寫寳袋」、11位「富山大学ヘルン文庫所蔵小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)関係文献目録 : 改訂版」、19位「夷堅志和解」が、ヘルン文庫関係の文献です。

このほかにも、ToRepoではヘルン文庫またはハーン関係の文献が多数公開されています。ハーンの作品鑑賞や研究から、ハーンとは特に関係のない場面まで、幅広く活用できることでしょう。
 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。