‘ウォーターフォード’ タグのついている投稿

ホーム » ウォーターフォード

【10/13追記】「オープン・マインド・オブ・パトリック・ラフカディオ・ハーン」ダブリンからトラモア、ウォーターフォードまで

※本記事は山陰日本アイルランド協会のサイトから転載したものです。

オープン・マインド・オブ・パトリック・ラフカディオ・ハーン—帰郷」の旅は、ダブリン、そしてトラモアおよびウォーターフォードでの日程を終えました。既出のものを除いた旅の様子のまとめが特設サイトに掲載されています。

ダブリンシティ大学でのレクチャー「ハーンと日本」。学生が多数集まっています。

ダブリンシティ大学のレクチャー「ハーンと日本」 | オープン・マインド・オブ・パトリック・ラフカディオ・ハーン—帰郷

ウォーターフォード市長主催の歓迎レセプション。同市の市長は市議会議員が1年交替で務めるのだそうで、現在の市長は28歳とか。

ウォーターフォード市長主催の歓迎レセプション | オープン・マインド・オブ・パトリック・ラフカディオ・ハーン—帰郷

この投稿の続きを読む »

アイルランドの日本映画フェスティバルで《怪談》上映

在アイルランド日本大使館や国際交流基金のサポートもと、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の故国のひとつであるアイルランド各地で開催中のJapanese Film Festival 2015。上映作品は近年日本で公開されたものが中心ですが、その中に混じって、1965(昭和40)年日本公開のハーン原作/小林正樹監督《怪談》も取り上げられ、18日(土)にウォーターフォードのGarter Lane Arts Centreで、23日(木)はダブリンのLight House Cinemaで上映されました。

In advance of the planned opening of the Lafcadio Hearn Gardens Tramore later this year, it seemed fitting to screen the…

Posted by Japanese Film Festival Ireland on 2015年4月18日

Last screening of this year's festival happens at 6pm tonight at the Light House Cinema. It's a goodie – a rare chance…

Posted by Japanese Film Festival Ireland on 2015年4月23日

 
同フェスティバルの上映作品には、島根県松江市と出雲市を結ぶ一畑電車の運転士を主人公とする作品《RAILWAYS:49歳で電車の運転士になった男の物語》(錦織良成監督、2010年)も含まれています。

The first of the 4 special Japan Foundation film screenings, hosted as part of the Festival, takes place this evening at…

Posted by Japanese Film Festival Ireland on 2015年4月20日

 

ブログで、ラジオで…アイリッシュ・ネットワーク・ジャパンからのトラモア便り

アイルランドの海辺の町・トラモア。少年期のラフカディオ・ハーン(小泉八雲)がたびたび訪れたこの地に、来年は小泉八雲庭園(lafcadio Hearn Gardens)が開園する予定です。

アイリッシュ・ネットワーク・ジャパンのブログ「The Irish Today」には、トラモア滞在のリポートが掲載されました。

The Irish Today

こちらはアイリッシュ・ネットワーク・ジャパンの田面徹さんが出演したラジオ番組。ハーンゆかりの二つのまち、トラモアと松江の話題が出てきます。英語だけでなく日本語でもリスナーに語りかけていますよ。

The Breakfast Supplement Special: Tramore – Ireland’s Bridge to Japan by Tcr Fm on Mixcloud

小泉八雲庭園、起工式のニュース映像

先日のブログでもお伝えしましたアイルランドのトラモアで行われた小泉八雲庭園(lafcadio Hearn Memorial Gardens)の起工式(6月27日)。その模様を伝えるRTEのニュース映像が、同庭園のYouTubeチャンネルに公開されています。


 

 

へるんさんの誕生日をふりかえる[2]アイルランド・トラモアで小泉八雲庭園の起工式

 
ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の誕生日6月27日、アイルランドで少年期を過ごしたハーンが、大叔母に連れられしばしば訪れた海辺の町・トラモアで、小泉八雲庭園(Lafcadio Hearn Gardens)のsod turning ceremonyが、渥美千尋・在アイルランド日本大使や、Lola O’Sullivan ウォーターフォード市長ら臨席のもと開催されました。

sod turning ceremony、直訳すれば「芝を掘る儀式」。日本で言う起工式に当たるのでしょうか。ハーンが愛したアイルランド音楽のコンサート、着物姿の参列者など、耳にも目にも楽しそうな式典の模様が伝えられています。

この投稿の続きを読む »


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。