お知らせ

ホーム » お知らせ

小泉八雲「怪談」ビールラベルデザインコンテスト「子育て幽霊」受賞作品発表

「子育て幽霊」をテーマに募集された小泉八雲「怪談」ビールラベルデザインコンテスト(主催:島根ビール株式会社、後援:松江市、八雲会、山陰日本アイルランド協会)の受賞作品がこのほど発表されました。受賞者の皆様おめでとうございます。最優秀作品は商品に採用される予定です。

今年ははじめて八雲会賞をお贈りしました。こちらが受賞作品です。

この投稿の続きを読む »

小泉八雲110年祭まつえ実行委員会が『新版 神々の国の旅案内』を松江市内の学校へ贈呈

provinceofthegods2014_cover

八雲会も構成団体に加わっている「小泉八雲110年祭まつえ実行委員会」(小泉凡委員長)が、若い世代にも小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)や、八雲を通して地域の魅力を感じていただくため、今年八雲会が刊行したラフカディオ・ハーン著/村松真吾訳編『新版 神々の国の旅案内』を、松江市内の小学校、中学校、高等学校に贈呈することになりました。本日8月20日(水)10:00より、松江市教育長室で贈呈式を行います。松江市ホームページに報道提供資料が掲載されています。

 

八雲会誌『へるん』第51号を発送しました

715x330_magazine51

八雲会では会誌『へるん』第51号をこのほど発行し、会員宛に発送しました。

『へるん』は第二次八雲会が発足した1965年に創刊。現在はラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の誕生日6月27日ごろに発行している、ハーンの専門誌です。論文、エッセイ、リポート、書評、資料紹介など、130ページ余りにわたってハーンの最新の話題を凝縮しています。

巻頭は昨年7月の平成25年度定期総会の記念講演会、中川智視さんの「小泉八雲と服部一三:富山大学での調査と静岡福祉大学での展示を経て」を誌上採録。また、木原謙一さん、鮫島千明さん、錦織浩文さん、三成清香さんなど本誌初登場の執筆者が多いのも、今後の特色です。

『へるん』第51号は、八雲会事務局でも購入を受け付けているほか、今井書店グループセンター店や同殿町店などでもお求めいただける予定です。会員以外の方もどうぞお手にとってご覧ください。

なお、会員宛の郵送にあたり、11月3日(月・祝)に島根県民会館(島根県松江市)で開催の「ラフカディオ・ハーン没後110年記念シンポジウム:国際的、かつ地域的視野から新しいハーン像を確立する」の入場整理券を同封しましたので、ご活用ください。
 

第48回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテストの出場者を募集します

第48回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト 募集のご案内

第47回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト(主催:松江市、松江市教育委員会、八雲会)の出場者を募集しています。

本コンテストは、昭和41(1966)年度に「ヘルンをたたえる全山陰スピーチ・コンテスト」として始まり、「国際化時代を迎え、松江市を世界に紹介した文豪小泉八雲(ヘルン、ラフカディオ・ハーン)の偉大な文業をたたえ、その命日を記念して、八雲の作品を暗唱するコンテストを開催することによって、青少年の英語の表現力向上に資し、国際理解と親善に貢献することを目的と」して(募集要項より)、小泉八雲の命日9月26日ごろに例年開催しています。

今回の開催日は2014年9月28日(日)、会場は松江市総合文化センター(松江市西津田6-5-44)です。

応募の締切は9月1日(月)当日消印有効、学校を通じてお申し込みください。
詳しくは下記リンク先をご覧ください。多数のご応募をお待ちしています。

第48回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト

平成26年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩の作品を募集します

平成26年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩(主催:松江市、松江市教育委員会、八雲会)の作品を、7月1日より募集します。

本コンクールは、「小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の功績をたたえ、その作品を対象とする感想文、作詞・詩の募集を行うことにより、八雲の作品の読書をすすめ、豊かな心をそだてるとともに、国際社会への理解を深めることを目的と」して(募集要項より)、昭和62(1987)年度に始まり、毎年実施しています。

本年度は、優秀賞および優良賞の副賞に、小泉八雲記念館旧居の年間パスポートを加えました。

本年度の募集につきましては、下記リンク先をご覧ください。多数のご応募をお待ちしています。

平成26年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩

『A Guidebook for Travellers in the Province of the Gods』は完売しました

銭本健二(監修)、井田徹、島根大学教育学部英語教育研究室英文学セミナー(編)『A Guidebook for Travellers in the Province of the Gods—from Hearn’s writings— (revised and enlarged)』(旧版『神々の国の旅案内—へるんとともに(増補改訂)』英語版、八雲会、1993年)の八雲会事務局在庫分は、このほど完売いたしました。これまでお買い上げ下さった皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

『A Guidebook for Travellers in the Province of the Gods—from Hearn’s writings— (revised and enlarged)』

「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン:西洋から東洋へ」アテネ発ツアーのご案内

7月4〜6日にかけてラフカディオ・ハーン(小泉八雲)生誕の地ギリシャのレフカダ島で開催される、ギリシャ小泉八雲没後110年記念事業「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン:西洋から東洋へ」にあわせて、アテネ発着レフカダ行きのツアーの募集が始まりました。詳しくは募集要項をご覧ください。

→募集要項のPDFファイル (338KB)

 

「八雲会報」第54号ができました

このほど「八雲会報」(年2回発行)第54号を発行し、会員宛に送付しました。

巻頭では、八雲会の新刊『新版 神々の国の旅案内』の訳者である村松真吾・出版部代表が編集のポイントなどを紹介。そのほか6月21日の定期総会や、松江およびギリシャでの没後110年記念事業のご案内、そして7月16日に三回忌を迎える野津直久・元副会長の記事などを掲載しました。

「八雲会報」は、当会事務局と同じ松江市総合文化センター内にある松江市立中央図書館でも配布しています。ぜひお読みください。

「八雲会報」第54号(2014年5月26日発行)

ハーン没後110年記念出版『神々の国の旅案内』発刊によせて  村松真吾(八雲会出版部代表)
平成26年度八雲会定期総会のご案内
ギリシャ小泉八雲没後110年記念事業「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン:西洋から東洋へ」
没後110年記念出版『神々の国の旅案内』 ※ご案内と正誤表
小泉八雲記念館 没後110年記念企画展「ヘルンと家族」
舞台「日本の面影」上演
山陰文藝協会創立20周年記念 ハーン没後110年シンポジウム
平成25年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詞の入賞者が決まりました
平成26年度松江市立中央図書館定期講座「小泉八雲に学び・親しむ」
野津直久先生(元八雲会副会長)を偲ぶ
湖畔通信

「第55回外国人による日本語弁論大会」観覧者募集中

松江市では、小泉八雲没後110年を記念して5月24日(土)にブラバホールで開催する「第55回外国人による日本語弁論大会」の観覧者を募集しています。

以下、山陰日本アイルランド協会のFacebookページより記事をシェアします。

 

平成26年度定期総会を開催します

平成26年度八雲会定期総会を6月21日(土)、松江市総合文化センター視聴覚室にて開催いたしますので、会員多数のご参加をお待ち申し上げます。

日時:2014年6月21日(土)13:30
会場:松江市総合文化センター 2階 視聴覚室(島根県松江市西津田6-5-44)
問い合わせ先:八雲会 事務局 電話:0852-25-1920
詳しい情報:http://yakumokai.org/7032

内容

議事(13:30-14:30)
  • 平成25年度事業報告・決算報告
  • 平成26年度事業計画案・予算案審議
  • 役員改選
  • その他
講演会(15:00-16:30) ※一般公開

「樹の精と英語教師の系譜と:ラフカディオ・ハーンから宮沢賢治へ」
講師:島田隆輔(特定非営利活動法人中村元記念館東洋思想文化研究所研究員)
詳しい情報:http://yakumokai.org/7034

交流会(17:30-19:00)

会場:松江ニューアーバンホテル 9階 キャンドル9(松江市西茶町40-1)
料金:会費4,000円程度(予定)
※迎車あり


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。