お知らせ

ホーム » お知らせ

東日本大震災義援金の受付について

東北関東大震災 義援金 受付中

※2011/04/06追記:「義援金をお送りしました」を掲載しました。

八雲会では、2011年3月11日に発生しました東日本大震災を受け、14日より義援金の受付を開始いたしました。

義援金は、仙台市を拠点に置く小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の顕彰団体「みちのく八雲会」並びに「まちづくりNPOげんき宮城研究所」にお送りし、被災者の支援と被災地の復興にお役立ていただきます。

義援金のお送り先は、別記の通りです。

八雲会会員の皆様、当ホームページをご覧の皆様、そして小泉八雲を通じた縁で結ばれた皆様のご支援をお願い申し上げます。

義援金のお送り先

1. 銀行振込をご利用の場合

下記の口座へご入金下さい。

  • 金融機関名:山陰合同銀行 松江駅前支店
  • 口座種目:普通
  • 口座番号:2814730
  • 加入者名:八雲会(ヤクモカイ) 園部昭夫
2. 郵便振替をご利用の場合

郵便振替用紙に以下の事項をご記入の上、お近くの郵便局でご入金下さい。

  • 口座番号:01420-2-490
  • 加入者名:八雲会
  • 通信欄:
    • 「義援金」と明記。
  • 払込人住所氏名:氏名、住所、電話番号

みちのく八雲会

みちのく八雲会は2002(平成14)年7月に小泉凡さんの文化講演会を開催した、「まちづくりNPOげんき松島研究所」(現げんき宮城研究所)の代表門間光紀らが中心となり同年9月26日八雲の命日に創立しました。

私たちは小泉八雲が一度も訪れたことのない、みちのく松島に憧れていたこと、それは芭蕉の奥の細道を読んでいたからであると小泉凡さんの講演会や交流会を通じてお話をうかがった。そして八雲の周縁性や異文化理解のあり方、人への思いやり特に「かそけきものたちの声音に耳を傾け続けた」生涯に感動し興味を深めてきました。現在「小泉八雲を読む会——へるんサロン」を仙台市と石巻市で定期的に開催し、新たなメンバーも増えています。

2009(平成21)年には、げんき宮城研究所とみちのく八雲会の協働で、独立行政法人福祉医療機構助成事業として『DVD教育紙芝居「稲むらの火」』を制作、宮城県内の各小学校と市町村社会福祉協議会に無償配布しました。2011 (平成23)年の国語小5 『銀河』(光村図書出版)に「稲むらの火」の主人公濱口儀兵衛の伝記が記載されます。残念ながら宮城県内では採用する学校はひとつもありませんが、会の活動は今後も続きます。

設立時期:2002(平成14)年9月26日
代表者:門間光紀(主宰)
会員数:20名(2010年8月31日現在)
ホームページ:http://blog.canpan.info/genkimiyagi/

※『ハーンの神在月:全国・小泉八雲の会&ミュージアムの未来を考えるサミット』来場者配布用パンフレット(小泉八雲来日120年記念事業実行委員会、2010)より抜粋

義援金をお送りしました

(2011/04/06 15:50追記)

4月4日までにお寄せいただきました義援金は83,220円となり、同日「みちのく八雲会」並びに「まちづくりNPOげんき宮城研究所」にお送りいたしました。募金していただきました皆様のご協力に対し感謝申し上げます。4日以降にお寄せいただきました義援金は、後日改めて送金いたしますので、ご了承ください。

義援金は引き続き受け付けております。詳しくは下記のリンク先をご覧ください。重ねて皆様のご協力をお願い申し上げます。

被災地からの報告

(2011/03/16 16:25追記)

みちのく八雲会主宰の門間光紀さんが、みちのく八雲会・まちづくりNPOげんき宮城研究所のホームページで、3月14日以来連日近況を伝えています。避難所暮らしをしながら給水ボランティアとして活動していること、避難所のある地区は被害が比較的少ないために仙台市災害支援対策室からの支援がなく、寄附と差し入れに支えられていることなどが記されています。

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)と津波

(2011/03/14 18:16追記)

Tsunami(津波)という言葉は、1897年に小泉八雲の作品「生き神 (A Living God)(『仏の畑の落ち穂 (Gleanings in Buddha Fields)』所収)によってはじめて世界に紹介されました。それは1854年に和歌山県広村(現在の広川町)を襲った安政南海地震の際に、庄屋の機転により、多くの村人が高台に避難して津波から救われたという実話に基づく物語です。八雲はこの作品を通して津波の恐ろしさとともに庄屋の機知と倫理観を世界の読者に伝えました。またジャーナリストとして、自然災害時の危機管理の大切さを説くとともに、無計画な森林伐採を忌み、自然に畏敬の念をもって共生していくことが未来の日本に必要だと、講演や新聞記事で語っています。

「生き神」は、後に中井常蔵氏によって「稲むらの火」としてリライトされ国定教科書に採用されました。さらに2004年のスマトラ沖地震以降、10カ国以上の言語に翻訳され、防災教材として世界で活用されています。

文:小泉凡(小泉八雲曾孫、島根県立大学短期大学部教授、八雲会名誉顧問)

※八雲会ブログ「小泉八雲記念館の津波に関する特別展示について、小泉凡氏のメッセージと出品リスト」より抜粋

【緊急】東北地方太平洋沖地震に伴う各地イベント開催への影響について

3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震に伴い、八雲会ホームページ内に以下リンク先でご紹介しております各地のイベントにつきまして、開催予定に影響が出る可能性があります。最新の実施状況につきましては、各イベントの主催者様にご確認下さいますようお願い申し上げます。

本記事執筆時点(2011年3月12日 9:27)では、3月12日に熊本市で開催予定だった第5回熊本2011セント・パトリックス・デイ・パレードの中止(交流会は実施)が発表されています。また、3月13日に松江市で開催予定のアイリッシュ・フェスティバル in Matsue 2011は、本日午前中に主催者側で実施について判断が行われるとのことです。

最後になりましたが、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

2011年3月12日 13:36 追記

3月13日に松江市で開催予定のアイリッシュ・フェスティバル in Matsue 2011は、セント・パトリックス・デイ・パレード等が中止となり、一部の催しは実施するとのことです。

同フェスティバルの一環として12日、13日にカラコロ工房で実施するアイリッシュ・パブ「The Shamrock」は、チャリティー・パブとして予定通り実施。来場とチャリティーへの協力を呼びかけています。

平成22年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩の入賞者が決まりました

平成22年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩(主催:松江市、松江市教育委員会、八雲会)の入賞者が以下の通り決定いたしました。入賞者の皆様、おめでとうございます。

なお、表彰式は下記の日時・会場で、優秀賞、優良賞受賞者を対象に開催いたします。
2011年3月20日(日)14:00
松江市総合文化センター 2階 青少年室(松江市西津田6-5-44)

平成22年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩

感想文 小学生の部

応募点数:4点

優秀賞

破られた約束  篠原麻梨子(焼津市立和田小学校6年)

優良賞

ハーンがひかれた日本の人情  松尾涼人(松江市立津田小学校6年)

佳作

「津波!! 命を救った稲村の火」  岩田風花(松江市立竹矢小学校1年)

感想文 中学生の部

応募点数:6点

優秀賞

「常識」とは  平石泉貴(松江市立島根中学校2年)

優良賞

小泉八雲をよんで  安達未来(松江市立本庄中学校2年)

佳作

茶碗の中の顔を飲んだら  梶野雅貴(松江市立島根中学校1年)

感想文 高校生の部

応募点数:5点

優秀賞

「雪女」を読んで  岡部達美(東京都立田柄高等学校2年)

優良賞

「神々の国の首都」を読んで  関口慧(前橋育英高等学校2年)

佳作

「草ひばり 一寸の虫にも五分の魂——日本のことわざ」を読んで  石見裕太(熊本県立第二高等学校2年)

感想文 一般の部

応募点数:15点

優秀賞

「神々の国の首都」を読んで  添田まりこ(東京都中野区)

優良賞

『耳なし芳一の話』を読んで  池田力太(山口県岩国市)

佳作

「音」を観る  小野一郎(兵庫県赤穂市)
父と小泉八雲と私  大石博子(島根県益田市)
日本人の微笑  皆藤千湧(茨城県石岡市)

作詞・詩

応募点数:13点

優良賞

うろこ雲  中村梨々(島根県益田市)
八雲を感ずる松江に立つ  本田しおん(東京都武蔵野市)

平成22年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩の第2次募集を締め切りました

平成22年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩(主催:松江市、松江市教育委員会、八雲会)の第2次募集を、昨日1月31日をもって締め切りました。ご応募下さった皆様、ありがとうございます。

なお、結果発表は2月下旬、表彰式は3月下旬の予定です。

平成22年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩

八雲忌俳句会は2月12日開催

毎年恒例の八雲忌俳句会(主催:八雲会)を2月12日(土)に開催いたします。

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の命日(9月26日)を「八雲忌」といいます。これは俳人・高浜虚子(1874-1959)が、1933(昭和8)年10月に松江を訪れた折に定めた、秋の季語でもあります。

例年は、秋の八雲忌のころに開催している八雲忌俳句会ですが、本年度は小泉八雲来日120年記念事業実施などの都合により、年が改まってからの開催となりました。

今回の会場である島根県民会館は、大手前の道をはさんで松江城の南西にあり、半径数百メートルから1キロメートル程度の範囲には、島根県尋常中学校・師範学校跡(現在の島根県警察本部)、小泉八雲旧居、小泉八雲記念館など、八雲ゆかりのスポットも多数点在しています。

俳句会の詳細は下記のリンク先をご覧ください。

第14回・通算74回八雲忌俳句会

事務局パソコンが復旧し、メールの送受信を再開しました

既報の通り、昨年末に八雲会事務局のパソコンを故障のため修理に出しておりましたが、このほど復旧し、電子メールのメールの送受信を再開いたしました。

メールでご連絡いただいていた皆様ならびにメールを送るご予定のあった皆様には、長期間にわたりご不便をおかけいたしましたことをお詫びし、上記ご報告いたします。

『神々の国の旅案内—へるんとともに(増補改訂)』日本語版は完売しました

銭本健二(監修)、横山純子(編)『神々の国の旅案内—へるんとともに(増補改訂)』日本語版(八雲会、1993年)の八雲会事務局在庫分は、このほど完売いたしました。これまでお買い上げ下さった皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

『神々の国の旅案内—へるんとともに(増補改訂)』

「八雲会報」第47号ができました

このほど「八雲会報」(年2回発行)第47号を発行し、会員宛に送付しました。
「八雲会報」は松江市立中央図書館(松江市総合文化センター内)でも配布しています。

目次

「ハーン来日一二〇年記念事業」を終えて  日野雅之
「ハーン神在月」総括  長岡真吾
地域活動としての八雲:「ハーンの神在月に参加して」  坪井れい子
小泉八雲サミット「ハーンの神在月」に参加して  牧野弥一
観光の立場からみた小泉八雲  高橋一清
研究の視点からみたハーン  西川盛雄
小泉八雲ネットワーク構築への第一歩  石川陽春
小泉八雲に捧げる造形美術展「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン」  小泉祥子
第44回へルンをたたえる青少年スピーチコンテストの結果について
湖畔通信

事務局パソコンの修理に伴いメール送受信ができなくなっています

八雲会事務局のパソコンの故障により、2010年12月24日にパソコンを修理に出しました。これに伴い、12月20日以降に事務局にいただきました電子メールの確認と、事務局からの電子メールの返信ができない状況になっています。

該当するのは、下記のアドレス宛にお送りいただきました電子メールです。


この後12月28日から2011年1月4日まで、事務局が入居する松江市総合文化センターの年末年始休館となりますので、パソコンが復旧し、事務局から電子メールの送受信が再開できるのは、2011年1月5日以降になる見通しです。

八雲会事務局に御連絡をいただいております皆様には、大変ご不便をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。電子メールの送受信の再開時には、八雲会ホームページでご案内いたします。

(本記事は事務局以外のパソコンで執筆・掲載しました)

平成22年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩の第2次募集を開始しました

平成22年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩(主催:松江市、松江市教育委員会、八雲会)の第2次募集を、本日12月1日より開始しました。

本コンクールは、「小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の功績をたたえ、その作品を対象とする感想文、作詞・詩の募集を行うことにより、八雲の作品の読書をすすめ、豊かな心をそだてるとともに、国際社会への理解を深めることを目的と」して(募集要項より)、昭和62(1987)年度に始まり、毎年実施しています。

本年度の募集につきましては、下記リンク先をご覧ください。応募締切は2011年1月31日(当日消印有効)です。多数のご応募をお待ちしています。

平成22年度「小泉八雲をよむ」感想文、作詞・詩


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。