[東京]名取裕子納涼朗読公演:小泉八雲「怪談」より

◆日時
2014年8月29日(金)18:30(18:00開場)
◆会場
亀戸文化センター(東京都江東区亀戸2-19-1 カメリアプラザ5階)
◆料金
一般4,300円、ティアラ友の会3,800円(全席指定)
◆問い合わせ先
亀戸文化センター 電話:03-5626-2121
◆詳しい情報
http://www.kcf.or.jp/kameido/kameido_schedule_detail_201408.html#29

https://www.facebook.com/events/1440797559540023/

[テレビ]NHK総合テレビ『母の面影を求めて:安野光雅 八雲の原点を描く』小泉八雲没後110年記念アンコール(島根県)

◆日時
NHK総合テレビ(島根県)
2014年8月29日(金)20:00-20:43
◆詳しい情報
http://www.nhk.or.jp/matsue/program/koizumiyakumo/info.html

小泉八雲没後110年となる今年、生まれ故郷のギリシャ・レフカダ島に彼の作品などを展示する資料館がオープンし、日本国内でも様々な記念行事が行われています。
NHK松江放送局では没後110年を記念して、2010年に放送した『ふるさと発スペシャル「母の面影を求めて〜安野光雅 八雲の原点を描く」』をアンコール放送でお届けします。

<番組内容>
「怪談」「知られぬ日本の面影」などで日本を世界に広めたラフカディオ・ハーン(日本名:小泉八雲)。島根県津和野町出身の画家・安野光雅さん(84)が、八雲の生誕の地ギリシャを旅しながら、彼の原点を描く。「八雲はなぜ日本に魅了されたのか?」幼くして生き別れた母の面影、母と子の遠い記憶をたどる中で、安野さんが八雲ゆかりの風景そして、八雲が愛してやまなかった母の姿を描く。
(NHK松江放送局ホームページより)

https://www.facebook.com/events/1539534519609911/

[ラジオ]エフエム山陰『ラジオ版 学問ノススメ』ゲスト:小泉凡さん(島根・鳥取県)

◆日時
エフエム山陰(島根・鳥取県)
2014年8月30日(土)9:00-9:55
※ほかJFN加盟6局(FM栃木、FMぐんま、FM-NIIGATA、HIROSHIMA FM、FM徳島、FM大分)でも放送(放送日時は各局で異なります)
◆出演
小泉凡(島根県立大学短期大学教授、小泉八雲記念館顧問)
パーソナリティー:蒲田健
◆詳しい情報
http://www.jfn.jp/News/view/jfn/1154

著書『怪談四代記 八雲のいたずら』を踏まえつつ、小泉家直伝の怪談とその楽しみについて、そしてこの時代に於ける怪談的なるものの必要性についてお伺いします。
(JFNホームページより)

https://www.facebook.com/events/560692064037320/

[テレビ]BSフジ『わがまま!気まま!旅気分』「水の都“松江”しっとり大人旅」(衛星放送)

◆日時
BSフジ(衛星放送)
2014年8月30日(土)11:00-11:55
◆詳しい情報
http://www.bsfuji.tv/top/pub/tabikibun.html

今回の舞台は水の都として知られる島根県松江市。城下町の風情が色濃く残るまち、そして茶人大名・松平不昧が残した茶の湯文化。「怪談」で知られる明治期の作家、小泉八雲が愛した「神々の国の首都」。そんなしっとりとした文化が残る松江の魅力を紹介する。
旅のスタートは現存12天守の一つ松江城。甲冑姿で松江をPRする「まつえ若武者隊」が出迎える。続いてはお茶と和菓子の老舗を訪ね、作法や形式にとらわれない松江流の茶の湯文化を体験。この後、小泉八雲旧居でひ孫の凡さんから八雲の愛した松江の魅力を伺う。美肌の湯、玉造温泉で一泊した後の2日目は美肌と縁結びのスポットを訪れる。
楽しくも落ち着きのある大人の旅を旅人の森口博子とともにめぐる。
(BSフジのホームページより)

https://www.facebook.com/events/332655983525746/

[テレビ]山陰中央テレビ『わがまま!気まま!旅気分』「水の都“松江”しっとり大人旅」(島根・鳥取県)

◆日時
山陰中央テレビ(島根・鳥取県)
2014年8月30日(土)12:00-12:55
◆詳しい情報
http://www.tsk-tv.com/?p=15672
http://www.bsfuji.tv/top/pub/tabikibun.html

今回の舞台は水の都として知られる島根県松江市。城下町の風情が色濃く残るまち、そして茶人大名・松平不昧が残した茶の湯文化。「怪談」で知られる明治期の作家、小泉八雲が愛した「神々の国の首都」。そんなしっとりとした文化が残る松江の魅力を紹介する。
旅のスタートは現存12天守の一つ松江城。甲冑姿で松江をPRする「まつえ若武者隊」が出迎える。続いてはお茶と和菓子の老舗を訪ね、作法や形式にとらわれない松江流の茶の湯文化を体験。この後、小泉八雲旧居でひ孫の凡さんから八雲の愛した松江の魅力を伺う。美肌の湯、玉造温泉で一泊した後の2日目は美肌と縁結びのスポットを訪れる。
楽しくも落ち着きのある大人の旅を旅人の森口博子とともにめぐる。
(BSフジのホームページより)

https://www.facebook.com/events/1470266963259582/

[高松]怪談作品朗読会2

※菊池寛記念館「怖くて不思議な文学展」関連企画

◆日時
2014年8月30日(土)14:00-15:30
◆場所
サンクリスタル高松 3階 視聴覚ホール(高松市昭和町1丁目2-20)
◆出演
小林大輔(元フジテレビアナウンサー)
◆演目
小泉八雲「耳なし芳一」「雪女」
◆料金
無料
◆定員
200名(先着順)
◆詳しい情報
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/11850.html

https://www.facebook.com/events/1447730928842584/

[松江]松江市立中央図書館の小泉八雲関連展示

◆会場
松江市立中央図書館(島根県松江市西津田6丁目5-44 松江市総合文化センター)
◆詳しい情報
http://yakumokai.org/8398

https://www.facebook.com/events/732410416806883/

[熊本]ハーン作品トークの会 2014年8月「ハーンの文体」

◆日時
2014年8月31日(日)14:00-16:00
◆会場
小泉八雲熊本旧居(熊本市中央区安政町2-6)
◆講師
福澤清(熊本大学教授)
◆費用
入館料
◆問い合わせ先
小泉八雲熊本旧居
電話:096-354-7842
◆詳しい情報
http://www.kumamoto-ireland.org/?p=1937

https://www.facebook.com/events/698185743591907/

[熊本]清和文楽人形芝居「雪おんな」ギリシャ凱旋公演・朗読・写真展

◆日時
[写真展]2014年9月1日(月)〜30日(火)9:00-20:00
[ミニ公演・朗読]9月5日(金)11:00-11:40、13:00-13:40
◆会場
お菓子の紅梅帯山店(熊本市中央区帯山7丁目6−84)
◆出演
[ミニ公演]清和文楽人形芝居保存会
[朗読]香山眞理子(熊本朗読研究会会員、元熊本放送アナウンサー)
◆費用
無料
◆問い合わせ先
清和文楽館
電話:0967-82-3001
◆主催
一般財団法人清和文楽の里協会
◆詳しい情報
http://seiwabunraku.hinokuni-net.jp/news/

https://www.facebook.com/events/681730711913494/

[川西]知られざる日本の面影:没後110年 小泉八雲がみた日本

◆日時
2014年9月6日(土)14:00-16:00
◆場所
朝日カルチャーセンター 川西教室(兵庫県川西市栄町25-1 アステ川西3F)
◆講師
小泉凡(島根県立大学短期大学部教授)
◆料金
朝日カルチャーセンター会員3,456円
一般3,672円
◆問い合わせ先
朝日カルチャーセンター 川西教室
電話:072-755-2381
◆詳しい情報
http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=249595&userflg=0

https://www.facebook.com/events/325348487642003/


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。