ホーム » » [富山]ラフカディオ・ハーン研究シンポジウム 1日目「ラフカディオ・ハーンとアメリカ」

[富山]ラフカディオ・ハーン研究シンポジウム 1日目「ラフカディオ・ハーンとアメリカ」

いつ:
2017/02/11 @ 13:10 – 17:00
2017-02-11T13:10:00+09:00
2017-02-11T17:00:00+09:00
どこで:
富山大学|University of Toyama

◆日時
2017年2月11日(土)13:10-17:00
◆会場
富山大学人文学部 3階 第6講義室(富山県富山市五福3190)
◆内容
中島淑恵(富山大学)「ハーンのニューオリンズ時代における日本との出会い—『日本の詩瞥見』をめぐって」
結城史郎(富山大学)「ハーン『チタ—最後の島の記憶』を読む—アイルランドと日本の交点としてのアメリカ」
難波江仁美(神戸市外国語大学)「ことば、記憶、”Creollzatlon”—前衛小説として読むハーンの『チタ』」
廣松勲(法政大学)「ハーンにおける「クレオール性」の再読解:イナ・セゼールを中心に」
長岡真吾(島根大学)「ハーンにおける異質なるものの表象」
【基調講演1】西成彦(立命館大学)「多言語的なアメリカとハーン」
◆問い合わせ先
富山大学人文学部中島研究室
toshie@hmt.u-toyama.ac.jp
◆主催
富山大学ヘルン研究会
富山大学人文学部
富山大学付属図書館
◆詳しい情報
http://www3.u-toyama.ac.jp/hearn/

https://www.facebook.com/events/408187122855144/