ホーム » » [レフカダ]国際シンポジウム「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン:西洋から東洋へ」基調講演+セッション1

[レフカダ]国際シンポジウム「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン:西洋から東洋へ」基調講演+セッション1

いつ:
2014/07/05 @ 16:00 – 19:50
2014-07-05T16:00:00+09:00
2014-07-05T19:50:00+09:00
どこで:
Ionian Blue Spa Resort

※ギリシャ小泉八雲没後110年記念事業「 The Open Mind of Lafcadio Hearn オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン:西洋から東洋へ 」の一環です。

◆日時
2014年7月5日(土)10:00-13:50
◆会場
イオニアン・ブルー・ホテル(レフカダ市)
◆料金
参加無料
◆主催
ギリシャ小泉八雲没後110年記念事業実行委員会
◆詳しい情報
http://hearn2014.yakumokai.org/ja/symposium

【内容】

◆基調講演
小泉凡(日本/アイルランド/ギリシャ|島根県立大学教授、小泉八雲曾孫)「ラフカディオ・ハーンのオープン・マインド:ギリシャから日本へ」

◆セッション1「オープン・マインド再発見」
マリ・クリスティーヌ(日本/アメリカ|文化通訳者、富山大学ヘルン文庫客員特別研究員)
「教室のオープン・マインド:富山で新たに発見されたハーンの熊本での授業資料」
ジョン・モーラン(アイルランド|アイリッシュ・タイムズ紙ジャーナリスト) 「ラフカディオ・ハーン:流浪と探求の旅」
ソティリス・ハリキャス(ギリシャ|翻訳家、作家) 「ラフカディオ・ハーンにおける想像のギリシャ」
池田雅之(日本|早稲田大学教授)「ハーン文学が現代に語りかけるもの:再話文学の世界性」

コーディネーター:長岡真吾(日本|島根大学教授)
総合司会:アラン・ローゼン(日本/アメリカ|元熊本大学教授)

https://www.facebook.com/events/260116650858345/