八雲会ブログ

ホーム » 八雲会ブログ » 紀行作家・芦原伸さんの新刊『へるん先生の汽車旅行』

紀行作家・芦原伸さんの新刊『へるん先生の汽車旅行』

紀行作家・芦原伸さんの新刊『へるん先生の汽車旅行:小泉八雲、旅に暮らす』(集英社インターナショナル)が2月に刊行されました。4月にはニュースサイトで多数の書評が出ましたので、掲載期限が切れないうちに関連記事をまとめました。

へるん先生の汽車旅行
へるん先生の汽車旅行

posted with amazlet at 14.05.18
芦原 伸
集英社インターナショナル
売り上げランキング: 65,305

集英社インターナショナルの公式ブログと新刊情報。

 
東京で開催された出版記念のトークイベント。司会を務めたタレント・木村裕子さんのブログより。

 
5月上旬には出版記念写真展が開催されていました。

 
ブロガーから新聞読書面まで、書評の数々。

 
『山陰中央新報』には石川陽春・八雲会常任理事による書評が掲載されました。

 
というわけで、6月21日(土)の八雲会定期総会でお披露目予定の会誌『へるん』第51号でも、同書の書評を掲載する予定です。

ところで、芦原さんが編集長を務める雑誌『旅と鉄道』でも、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)に関する記事が掲載されたことがあります。

2012年11月号には、八雲の曾孫・小泉凡さんの「八雲とセツの新婚旅行地を訪ねて 120年の時を超えて、今、旅立つ!」。このブログでもご紹介しました。

旅と鉄道 2012年 11月号 [雑誌]
朝日新聞出版 (2012-09-21)

 
2014年3月号には、芦原さん自身による「三角線、ハーンが見た“夏の日の夢”を訪ねて」が掲載されました。

旅と鉄道 2014年 03月号 [雑誌]
朝日新聞出版 (2014-01-21)

 


このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。