小泉八雲について

ホーム » 小泉八雲について » 松江時代の略年譜

松江時代の略年譜

1890年 7月 島根県尋常中学校(松江中学校)、師範学校の英語教師に任命される。
  8月30日 大橋川を汽船にて午後4時松江着。富田旅館に投宿。
  9月2日 島根県尋常中学校および師範学校に初出校する。籠手田安定知事を県庁に訪ねる。
  9月13、14日 出雲大社を参拝。千家尊紀宮司と面会し、昇殿を許される。
  9月28日 荒川重之輔作の地蔵に魅了。師範学校長宅の月見の宴に招待さる。
  9月末 大谷正信の演奏する唐楽を楽しむ。
  10月9日 西田千太郎と共に須衛都久神社と白潟天満宮を参詣する。
  10月25日 松江および近隣諸学校の連合運動会を見学する。
  10月26日 島根県教育会で「教育における想像力の価値」の講演を行う。
  10ー11月 第2の宿大橋川側の織原方の離れ座敷に移る。
  11月3日 天皇生誕祝賀祭に参加する。
  11月15日 教育勅語奉読式に参列する。
  11月 一畑薬師に参詣する。
  12月2日 西田千太郎と佐太神社を参詣し、龍蛇を見学する。
1891年 1月 風邪をひき、2週間寝込む。
  1ー2月 セツが住み込みの女中として身辺の世話をすることになる。
  2月1日 大谷正信を訪ね、一緒に市内の神社に人形をもとめて歩く。
  2月12日 島根県教育会で「西インド雑話」の講演を行う。
  2月18日 知事邸で古画類を見る。
  3月19日 西田千太郎と共に円成寺を散策する。
  3月31日 火鑽臼、火鑽杵が届く。
  4月3日 大橋開通式を眺める。
  4月5日 西田千太郎と意宇(松江市南郊)の諸社をめぐる。
  4月19日 宇賀山を訪ね、大黒舞を見学する。
  5月10日 西田千太郎と清水寺と雲樹寺を参詣する。
  5月16日 大津事件で負傷された露国皇太子宛の仏文の電報原稿を作成。
  5月26日 普門院を訪ねる。
  5月30日 井上円了、西田千太郎が来訪する。
  6月14日 島根県教育会で「道徳哲学」の講演を行う。
  6月21日 西田宅にて、3人の女性による大黒舞を見学する。
  6月22日 北堀町の根岸方に転居する。
  7月8日 カール・フローレンツが来訪する。
  7月16日 フローレンツと玉造温泉に投宿する。
  7月26日 西田千太郎と杵築に出発。稲佐浜の養神館に投宿する。
  8月4日 出雲大社で豊年踊りを見学する。
  8月7日 セツと日御碕神社を訪れる。
  8月10日 セツと帰宅する。
  8月14日 セツと伯耆へ新婚旅行に出る。
  8月30日 松江に戻る。
  9月5日 加賀の潜戸を訪れる。
  10月8日 西田千太郎に熊本への転任の決意を報告する。
  10月26日 中学校で最後の授業を行う。
  11月10日 中原倶楽部で送別会。
  11月15日 午前9時大橋西桟橋より汽船で松江を去る。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。