八雲会ブログ

ホーム » 八雲会ブログ » 「小泉八雲を探して:高嶋敏展写真展」スタート/20日は城下町散歩

「小泉八雲を探して:高嶋敏展写真展」スタート/20日は城下町散歩

「小泉八雲を探して:高嶋敏展写真展」会場の写真をまとめたFacebookページ

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が松江時代の最後の約5か月を過ごした小泉八雲旧居(松江市北堀町)で、「小泉八雲を探して:高嶋敏展写真展」(主催:八雲会)が16日(金)に始まりました。

高嶋敏展(としのぶ)さんは、八雲会編集の『へるんさんの松江まちあるきマップ』で使用している写真を撮影、また昨年ロシア・ウラジオストクの国立アルセーニエフ博物館で作品展「小泉八雲と神々の国」を開催するなど、八雲と縁の深い写真家です。今回、山陰地方の八雲ゆかりの地を撮影した写真を、八雲が生きた明治時代の日本で流行した写真掛軸や部分着彩写真に仕上げ、八雲が愛した士族の邸宅の床の間に掲げています。

26日(月)まで開催していますので、お近くの方や松江に御用のある方はぜひお立ち寄りください。残念ながらお越しになれない方は、Facebookページに掲載しました会場の写真でお楽しみください。

また、20日(火・祝)13:00からは、関連イベントとして旧居周辺の八雲ゆかりの地を、高嶋さんと内田融・八雲会事務局長の案内でぶらりと巡る「へるんさんの城下町散歩」を開催します。事前申込は不要ですので、思い立ったらぜひご参加を。お待ちしています。


このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。