その他の出版物

ホーム » その他の出版物 » ニューオーリンズとラフカディオ・ハーン:「死者たちの町」が生む文化混淆の想像力

ニューオーリンズとラフカディオ・ハーン:「死者たちの町」が生む文化混淆の想像力

島根大学附属図書館ハーン図書出版編集委員会(編)

内容

19世紀のニューオーリンズは文化のワンダーランドだった。その街のユニークな面白さと不思議さは、ラフカディオ・ハーンを餓死から救い、その才能を次々に引き出した。ニューオーリンズでハーンは作家に生まれ変わり、ハーンによってニューオーリンズは再発見された。街と作家が織りなす、摩訶不思議な旅へようこそ!
(チラシより)

『ニューオーリンズとラフカディオ・ハーン −「死者たちの町」が生む文化混淆の想像力−』のご案内(島根大学附属図書館ホームページ)

執筆

小泉凡(島根県立大学短期大学部教授)
齊藤みどり(首都大学東京非常勤講師)
常松正雄(島根大学名誉教授)
長岡真吾(島根大学教授)
中川智視(一橋大学大学院博士課程在籍中)
西川盛雄(熊本大学客員教授)
ロジャー・S・ウィリアムソン (Rodger S. Williamson)(北九州市立大学准教授)

目次

序文  長岡真吾

第1章 シンシナティからニューオーリンズへ
 ニューオーリンズという町  小泉凡
 シンシナティからの逃避  ロジャー・S・ウィリアムソン
 『コマーシャル』紙へ送った記事  中川智視訳
   「熱帯の入口で」
   「雨降りのニューオーリンズ」

第2章 The Daily City Item, 1880 —挿絵入り記事に見る19世紀末ニューオーリンズ—  常松正雄監修
 ラフカディオ・ハーンとジャーナリズム
 『アイテム』紙のラフカディオ・ハーン
 掲載記事一覧
 新聞記事と解説
   ニューオーリンズ
   音楽
   近代化
   社会問題

第3章 アメリカのラフカディオ
 科学の時代の中で  中川智視
 ラフカディオ・ハーンとクレオール文化  西川盛雄
 ラフカディオ・ハーンの女性観について  齊藤みどり
 ニューオーリンズから日本へ  中川智視

あとがき  中川智視

関連年表

索引


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。