八雲会ブログ

ホーム » 八雲会ブログ » 安野光雅さんの作品が「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン」に展示されます

安野光雅さんの作品が「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン」に展示されます

NHK総合テレビ(中国地方〈鳥取県を除く〉)向けに10月2日(金)に放送された『母の面影を求めて:安野光雅 八雲の原点を描く』で、島根県津和野町出身の画家・安野光雅さんが、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の生誕地であるギリシャのレフカダ島と、母ローザ・カシマチの生誕地キシラ島を訪ねて描いた作品3点が、「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン(小泉八雲に捧げる造形美術展)」で展示されます。

  • 《母 ローザの肖像 (Portrait of Lafcadio’s Mother Rosa)》
  • 《キシラ カプサリ城 (Kapsali Castle, Kythira)》
  • 《レフカダ広場 (Lefkada Square)》

両親の離婚のため幼くして母ローザと生き別れた八雲は、全財産を投じてでも母の写真を手に入れたいと願い続け、果たせないまま生涯を終えました。ローザの写真は今日で現存が確認されていません。番組で安野さんは、ローザの写真を見たことがあるというキシラ島の住民や、ローザの生涯を伝え聞く人の証言、そして八雲の肖像をもとにイメージをふくらませてローザの肖像を描き、帰国後、東京・雑司ヶ谷の八雲の墓前に捧げました。番組で披露されたローザ像はうつむき加減の肖像でしたが、今回展示されるのは別のヴァージョン、横顔の肖像です。

安野さんの作品は松江城天守閣に展示されます。


このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。