会誌『へるん』

ホーム » 会誌『へるん』 » へるん 第35号

へるん 第35号

八雲会(編)

内容

表紙:小泉清筆「ヘルン像」(小泉八雲記念館所蔵)
口絵:ハーンがアイルランド時代に使用した机

Ⅰ ヘルンの文学

ハーンと幻想文学(一)  高木大幹
ヘルンのキプリング崇拝  河野賢司
ラフカディオ・ハーンにおけるシヤフツベリ  先川暢郎
日本の昔話に見る異界—ハーンの作品を手がかりとして  谷村忠樹
ハーンと水の中の世界  清水澄子
「耳なし芳一」にみる聴覚表現について  冨塚博之
ラフカディオ・ハーン点描(五)—新解釈への道「耳なし芳一の話」  中田賢次
「むじな」は怖いか—論争再考  横山孝一
称名寺の博多大仏  松村恒
Lafcadio Hearn: Feelings of Ambivalence  Roger S. Williamson

Ⅱ ヘルンゆかりの地・ゆかりの人

背もたれ木の音—小泉八雲記念館の思い出  石倉孝昭
八雲と焼津海岸—“rude gray coast”の変遷  岩崎志濃
近代作家とラフカディオ・ハーン(五)  石原亨
エドウィン・アーノルド卿とハーン(三)  長谷川洋二
母ローザ・アントニオ・カシマチイを中心にⅢ  西野影四郎
俳人としての大谷繞石(七)  日野雅之
雨森信成を巡る松原家と雨森家の関係について  熊取正光
短歌 余情尽きざる  秀川尚子
稲垣巌家について(補足)  角田洋三

追悼

『へるん』誌を振り返って  椎名駿輔
梶谷泰之先生を偲んで  山根愛子

Ⅲ 未刊行資料・埋もれた資料(十一)

「耳なし芳一の話」の「バレット文庫」草稿二種の判読文  中田賢次
ベンジャミン・フォアマン「ラフカディオ・ハーンの思い出」  銭本健二
ある古い行李—ハーン書簡と西田千太郎日記余話  西田志朗
「ある古い行李」によせて  桑垣琴子

Ⅳ 講演・研究会の報告

「ダブリン作家記念館」におけるハーン肖像の除幕式について  小泉凡
「八雲忌句会」再開について  日野雅之
日本英文学会・中国四国支部大会について(補記)  風呂鞏

《書評》

Yoji Hasegawa, A walk in Kumamoto (Global Oriental: London,1997)  
Sean G. Ronan ed., Irish Writing on Lafcadio Hearn and Japan (Global Oriental: London,1997)  銭本健二
『英文学から八雲学へ 桝井幹生先生退官記念論集』 松村恒

《へるん雑話》

八雲の挙げる年忌名/松江城石垣の怪/ハーンの挙げる仏教学者  松村恒
Glimpses of Unfamiliar Japan(『日本瞥見記』)の初版本  横山純子

事務局だより  白築和夫
編集後記

カット:小泉凡


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。