イベント情報, イベント情報のピックアップ

ホーム » イベント情報, イベント情報のピックアップ » 松江今昔:美術と文学にみる風景のうつろい

全国のイベントカレンダーもご覧いただけます → Facebookページ / Googleカレンダー

松江今昔:美術と文学にみる風景のうつろい

展覧会

基本情報

日時
2022年7月22日(金)~9月25日(日)9:00~17:00(観覧受付16:30まで)
※7月22日(金)はオープニングセレモニーのため、展示室10:00開場
前期:7月22日(金)~8月21日(日)
後期:8月23日(火)~9月25日(日)
休館日:月曜日(9月19日は開館)、9月20日(火)
会場
松江歴史館 企画展示室(島根県松江市殿町279)
料金
大人500円、小・中学生100円/基本展示室とのセット券:大人800円、小・中学生300円
問い合わせ先
松江歴史館 電話:0852-32-1607

内容

画家、写真家 そして文学者たちが愛した松江。
堂々とした姿の松江城。青く透明な日本海。街中に架けられた小さな橋。そして、夕陽に染まった宍道湖。みなさんは日々、松江のどんな風景を美しいと感じていますか。
昔から、たくさんの人たちが街や自然の美しさやおもしろさを見いだし、語り、描きました。たとえば明治時代にこの地をおとずれた小泉八雲もそのひとりです。地元で生まれ育った芸術家たちも、美しい松江を描き出そうと、けんめいに絵筆やカメラを手にとりました。松江の風景は、今も昔も人々を惹き付けてやまないのです。
この展示では、大正から昭和の松江を描いた絵や写真を展示し、なつかしく美しい風景をお楽しみいただきます。また、松江の風景のすばらしさやおもしろさを語った随筆などの文学も紹介します。これらの芸術は、わたしたちが気づいていなかった風景のすてきな一面を教えてくれます。この展示を見た後は、ぜひ実際に街や自然の中を歩いてみてください。きっと、新しい松江に出会えます。
松江歴史館のホームページより)

前期展示では、写真家・福原信三《ヘルン旧居》(島根県立美術館蔵)出展。
会期中、小泉凡さんによる記念講演会などの関連イベントがあります。

関連イベント
記念講演会「小泉八雲の五感がとらえた明治の松江」

日時:7月30日(土)10:00-11:30
会場:歴史の指南所
講師:小泉凡(小泉八雲記念館館長、島根県立大学短期大学部名誉教授)
定員:60名(要申込、先着順)
料金:聴講無料(企画展会期中の観覧券〔観覧日不問、半券可〕または年間パスポートが必要)

松江おもしろ談義「企画展『松江今昔』の見どころ」

日時:8月21日(日)14:00-15:00
会場:歴史の指南所
講師:藤岡奈緒美(松江歴史館学芸員)
定員:60名(要申込、先着順)
料金:聴講無料

ギャラリートーク

日時:7月24日(日)、8月3日(水)、8月27日(土)、9月23日(金・祝)14:00-14:40
会場:企画展示室
参加無料(企画展観覧券または年間パスポートが必要)

オリジナルうちわ作り

日時:7月31日(日)、8月6日(土)、8月20日(土)10:00-15:00 随時受付(所要時間30分-1時間)
会場:歴史の指南所
料金:中学生以下1,200円、高校生以上1,500円(いずれも企画展観覧券付)、年間パスポート会員は1,100円
※小学2年生以下は保護者同伴
※予約優先。空きがあれば当日受付可

SNS記事

その他の情報

主催
松江歴史館
詳しい情報
https://matsu-reki.jp/exhibition/4971

このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。