会誌『へるん』, 八雲会の本のピックアップ

ホーム » 会誌『へるん』, 八雲会の本のピックアップ » へるん 第27号 来日100年記念

へるん 第27号 来日100年記念

八雲会(編)

内容

表紙:ウェルドン描くハーン旅立ちの姿

I 「物語」の源流と底辺

身代はりの人—「阿弥陀寺の比丘尼」と「草雲雀」など  仙北谷晃一
続八雲と秋成—「興義和尚のはなし」を読んで  椎名駿輔
「持田の子殺し」をめぐって—日本の昔話と英国のバラッドから  美濃部京子
鐘の霊  藤田昭彦

II 原典と表現をめぐって

八雲著作の邦訳題名—続篇・日本時代の著作  森亮
『日本歌謡類聚』にある原歌  染村絢子
「柔術」を読んで憶う  藤原巳代子
ハーンにおける生物観—「蛍」をめぐって  先川暢郎

III ハーンの生涯と生活

八雲と机  小泉時
ハーンを怒らせた学生  梶谷泰之
終焉とその周辺(三)  西野影四郎
小泉八雲と第五高等中学校(その三)  高西直樹
「ヘルンとセツの物語」—創作ノートから  藤森きぬえ
ハーンのクリオール料理  角田洋三

IV ハーンをめぐる人びと

ニューオリンズ時代のハーンと医師マタス  萩原順子
或る書  矢野修一
八雲とモラエス  泰敬一
一来日百年をめぐってヘルンとモラエス  小幡秀雄
ツヴァイク「ラフカディオ・ハーン」  野島幹郎

V ハーンゆかりの地をめぐって

ハーンと富士山  中山常雄
続訪米記—メンフィスからニューオリンズへ  小泉凡
謎の峠越え  田村のり子
八雲と焼津海岸—「焼津にてⅢ」を中心に  岩崎志濃
「海」へ向う峠—全国『八雲夢街道』写真展Ⅰを終えて  越野勝

VI 小泉八雲の未刊行資料(三)

チェンバレン自筆原稿「ラフカディオ・ハアン」  桝井幹生
チェンバレン宛ハーンの書簡  福間直子
M・アトキンソン宛書簡(3・4・5)  中田賢次
メアリー・M・フェノロサの草稿「夕霧お客さん」  銭本健二

VII 『ラフカディオ・ハーン年譜』追加と修正(Ⅱ)

『ラフカディオ・ハーン年譜』追加と修正(Ⅱ)  銭本健二・小泉凡

VIII ハーン来日百年と八雲会の回顧

「へるん」初めのころ  森亮
文学碑こぼれ話  本田秀夫
ハーンと私  池橋達雄
ハーンとの出合い  秀川尚子
八雲会を省みて  梶谷泰之
思い出  中村芳二郎
「へるん」のことなど  速川和男
八雲会長なればこそ  藤原巳代子
八雲会創立  池野誠
新資料『山陰新開』のこと  矢部太郎
思い出  白築和夫
思い出  和田正則
機関誌『へるん』の変遷  銭本健二

短歌(十首)  秀川尚子

《ヘルン雑話》

親子三人の写真/アメリカでも八雲会  小泉時
「鳩ポッポ」のうた/再び『怪談』の出版について/「東大諌義メモ帳」と「浮世絵展覧会」  染村絢子

八雲のレリーフがダラム大学に設置

事務局だより
告知板
編集後記


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。