会誌『へるん』

ホーム » 会誌『へるん』 » へるん 第25号

へるん 第25号

八雲会(編)

内容

表紙:『霊の日本』初版本表紙
口絵:レフカダに建てられた胸像

I ハーンの生活と生涯

終焉とその周辺(一)  西野影四郎
日本における小泉八雲と就職  高西直樹
グールド「ハーン伝」を読んで  田村のり子
西田千太郎日記に見る明治の贈答  藤森きぬえ

II 小泉家をめぐって

無標題記録の中に  後藤昂
稲垣巌について  角田洋三

III ハーンをめぐる人びと

晩翠夫妻と母あいの死(二)  野坂東作
俳人としての大谷繞石(二)  日野雅之
マタス博士のスピーチについて  萩原順子
E・ビスランドの日本滞在記  銭本健二

IV ハーンゆかりの地

ハーン唯一の胸像  西村六郎
八雲と焼津海岸—「焼津にてI」を中心に  岩崎志濃
レフカダ行  仙北谷晃一
藤沢随想—ハーンの見た庚申と鬼子母神  小泉凡

V 著作と事実を追って

ハーン書簡の発信日をめぐって—西田千太郎宛(二)  坂東浩司
モデルと作品—日付の謎  梶谷泰之
蘇生地蔵  藤原治
ハーン作「心中」について  田中一弘
八雲の子守歌  福間尚子
ヘルンとアイルランド  河野賢司
「停車場にて」を読んで  小幡秀雄
小泉八雲と松島艦—同艦に殉じた酒井海軍少尉候補生を憶う  藤原巳代子

VI 作品の原典と資料を探る

アメリカのハーン・コレクション  野坂東作
「原典」—活字本から版本へ  染村絢子
「破られた約束」のルーツを考える  伊藤亮輔

VII 作品鑑賞

「漂流」雑感  中山常雄
修羅と微塵と(Ⅰ)  高木大幹
虫めづる男  桝井幹生
島の文人ハーン  中田賢次
西村真次の読んだハーンの鳴く虫の観察  野津直久

VIII 随筆

モームと平磯灯台  椎名駿輔
アメリカにあってハーンを偲ぶ  原田米蔵

IX 小泉八雲の未刊行資料(一)

ウェルドン宛書簡(1890年1月31日付)  銭本健二
西田千太郎宛書簡(1891年12月)  野坂東作
アトキンソン宛書簡(1901年9月1日付)  中田賢次
雨森信成のハーン宛書簡(1897年11月14日付)  小泉時

新宿区立歴史博物館開館特別展—漱石・逍遙・ハーン
第四回八雲忌全国俳句大会—選者別特選句
短歌—追憶  秀川尚子

《ヘルン雑話》

指六/東大退官前後のハーン/「怪談」の出版  染村絢子
「大隈重信と八雲」 市島春城
「ヘルン先生の怪談」  日夏耿之介

ハーンのクレオール料理松江で再生

行事報告
事務局だより
告知板
編集後記


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。