会誌『へるん』

ホーム » 会誌『へるん』 » へるん 第24号

へるん 第24号

八雲会(編)

内容

表紙:ハーンが手すさびに描いた鉛筆画

感謝とご報告  梶谷泰之
発刊にあたって  池田恒雄

I 書簡にみるヘルン

小国の民の人、ハーン  平川祐弘
ハーン書簡の発信日をめぐって—西田千太郎宛(一)  坂東浩司
「杵築」からの八雲書簡—日付についての新事実  関田かおる
西田宛て八雲書簡  池野誠
里帰りした古手紙  福間直子

II ヘルンゆかりの地

大社町に現存する文献(四)  中和夫
ミス・E・P・ヒューズと長崎  高西直樹
八雲出生地レフカダ島を訪ねて  北山宏明
上野図書館の八雲記念碑をたずねて  藤森きぬえ
愛宕山の記念碑  藤原巳代子
毛利八彌事務官(補遺)  本田秀夫

III 小泉家のことども

祖母セツの思い出  小泉時
武人、小泉湊の小伝  後藤昂
小泉家について  立脇祐十

IV ヘルンをめぐる人びと

ハーンと桂月  梶谷泰之
晩翠夫妻と母あいの死(一)  野坂東作
俳人としての大谷繞石  日野雅之
ハーンとローエル  角田洋三
ハーン先生と大伯父雨森信成との絆  池辺栞

V 物語と伝説をめぐって

ハーン作品の原典について  染村絢子
「浪除地蔵」の復活—ハーンと現代の民俗をめぐって  小泉凡
怪談の恐怖と滑稽—「むじな」をめぐって  中田賢次
怪談「食人鬼」の出典の考証  伊藤亮輔
《随想》初冬の譜  淀江きみえ
《随想》へるん先生のみずうみ  渡部兼直
《随想》明治らんぷ考  栗原弘子

VI 発見と批評

小泉八雲とアビシニア号  安江安宣
ラフカディオ・ハーンと『朝妝』—お雇い外人たちの限に映じた明治日本の一面  西野影四郎
ハーンの聴覚表現—雪女の場合2  高木大幹
蓬莱の蛙  桝井幹生
正宗白鳥のもうひとつのハーン論(Ⅱ)  銭本健二
ハーンと日本のことわざ  深沢暁
八雲忌と芭蕉英訳  椎名駿輔

第三回八雲忌全国俳句大会挨拶要旨  漢東種一郎
同 選者別特選句/席題特選句
ニューオリンズにて歌いし十首  中田賢次
見返りの鹿・面影(短歌十首)  秀川尚子
レフカダ島より来日

事務局だより
告知板
編集後記


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。