イベント情報, イベント情報のピックアップ

全国のイベントカレンダーもご覧いただけます → Facebookページ / Googleカレンダー

生誕170年記念 小泉八雲

展覧会、小泉八雲生誕170年記念事業

基本情報

日時
2020年10月10日(土)~12月6日(日)9:30-17:30(入館は17:00まで)
前期:10月10日(土)~11月8日(日)
後期:11月10日(火)~12月6日(日)
※休館日:10月12日(月)、26日(月)、11月9日(月)、24日(火)
会場
新宿歴史博物館 地下1階 企画展示室(東京都新宿区四谷三栄町12-16)
料金
一般300円(常設展とのセット券は500円)/中学生以下無料
問い合わせ先
新宿歴史博物館 電話:03-3359-2131

内容

八雲はギリシャのレフカダ島で生まれ、アイルランドで育ち、アメリカや西インド諸島で文筆家として活躍した後、明治23(1890)年に来日しました。島根県松江市、熊本市、神戸市と移り住み、明治37(1904)年、当時の大久保村西大久保の自宅で息を引き取ります。その生涯は、放浪の旅でした。
幼くして母と別離し、若き日に視力と財産を失った八雲。本展覧会では、生きづらさを抱えながらも世界を放浪した八雲の旅路を紹介します。そして、彼が「ゴースト」と呼んだ放浪へと誘うもの −魂の戦慄を引き起こし、彼を創作へ掻き立てたもの− に焦点を当て、現在も読まれ続ける昨品を生んだ八雲の創作の軌跡をたどります。
主催者ホームページより)

新宿歴史博物館 令和2年度特別展 「生誕170年記念 小泉八雲」(10月10日から開催)-新宿歴史博物館

令和2(2020)年は、新宿でその生涯を終えた文学者・小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の生誕170年にあたります。 …

関連イベント
特別展記念講演会1「小泉八雲、妖怪へのまなざし:新宿と松江をつなぐもの」

日時:10月10日(土)10:00-12:00
会場:新宿歴史博物館 2階 講堂
講師:小泉凡(小泉八雲記念館館長<小泉八雲曾孫)
定員:60名(多数抽選) ※新宿歴史博物館メンバーズ倶楽部会員、区内在住の方優先
料金:500円(特別展招待券付)
申込締切:9月17日(木)必着
詳しい情報:
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/news/100455/

れきはく講談「小泉八雲」

日時:10月17日(土)13:00(12:30開場)
会場:新宿歴史博物館 2階 講堂
演目:
田辺銀冶『川中島の和談破れ』
宝井梅湯『梶川屏風廻し』
神田あおい『葬られたる秘密』
宝井一凜『小泉八雲と雪女』
前座あり
定員:60名(多数抽選) ※新宿歴史博物館メンバーズ倶楽部会員、区内在住の方優先
料金:1000円
協力:講談女流四天王の会
申込締切:9月23日(水)必着
詳しい情報:
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/news/100458/

その他の情報

主催
公益財団法人新宿未来創造財団 新宿歴史博物館
共催
新宿区、新宿区教育委員会
後援
小泉八雲記念館、松江市、焼津市、アイルランド大使館
協力
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館、山九株式会社
詳しい情報
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/news/100482/

このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。