イベント情報, イベント情報のピックアップ

ホーム » イベント情報, イベント情報のピックアップ » NHKラジオ第二『小泉八雲の文学とその背景』(全国)

全国のイベントカレンダーもご覧いただけます → Facebookページ / Googleカレンダー

NHKラジオ第二『小泉八雲の文学とその背景』(全国)

放送

基本情報

日時
NHKラジオ第二(全国)
2018年7月〜9月 毎週木曜日 20:30-21:00(全13回)
再放送:翌週木曜日 10:00-10:30
講師
小泉凡(小泉八雲記念館館長、島根県立大学短期大学部名誉教授)

内容

アイルランド人の父とギリシャ人の母との間に生まれたラフカディオ・ハーン(1850-1904)。19歳でヨーロッパを離れてアメリカへ渡り、ジャーナリストとして活動した後、39歳で日本の土を踏み、松江・熊本・神戸・東京と移り住みました。1896年に日本に帰化し小泉八雲と名乗ります。地球半周を優にこえる人生旅行で得た体験と知識は、その独特なオープン・マインドな精神性と多面性を醸成しました。
明治維新から150年となる今年、八雲の代表作『知られぬ日本の面影』(ルポルタージュ紀行文)と『怪談』(再話文学)などを通して、作家小泉八雲が五感でとらえた明治日本の姿を浮き彫りにしていきます。さらに、彼の文学が後世の人々に与えた影響や、現代にも活かされている業績とそこに流れている精神性の魅力に迫っていきます。
講師は、小泉八雲のひ孫にあたる小泉凡さんです。ひ孫ならではの小泉八雲像に迫っていきます。
……
第1回 小泉八雲と語り部たちの系譜
第2回 小泉八雲とアメリカ〜クレオール文化を題材とする作品群
第3回 『知られぬ日本の面影』(1)〜耳の文学、音の文学〜
第4回 『知られぬ日本の面影』(2)〜山陰の風景との出会い〜
第5回 『知られぬ日本の面影』(3)〜出雲大社訪問と神道の理解〜
第6回 怪談の再話(1)〜八雲の再話文学と「耳なし芳一」〜
第7回 怪談の再話(2)〜「雪女」をめぐる物語〜
第8回 怪談の再話(3)〜生まれ変わりの物語〜
第9回 家庭における小泉八雲
第10回 フォークロリストとしての小泉八雲〜護符の蒐集をめぐって
第11回 八雲の文学とその影響(1)〜小村寿太郎、ボナー・フェラーズ〜
第12回 八雲の文学とその影響(2)〜柳田國男と白樺派の作家たち〜
第13回 文化資源として現代に活かされる小泉八雲
(「NHKカルチャーラジオ 文学の世界」ホームページより)

NHKラジオ第二(全国)
2018年7月〜9月 毎週木曜日 20:30-21:00(全13回)
再放送:翌週木曜日 10:00-10:30

カルチャーラジオ 文学の世界 – NHK

毎日テーマの異なる文化番組をお届けしています。

その他の情報

詳しい情報
http://www4.nhk.or.jp/P1929/

このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。