八雲会ブログ

ホーム » 八雲会ブログ » NHK『100分de名著』放送中…『日本の面影』ブックガイド(1)講師・池田雅之さんの訳書と関連書

NHK『100分de名著』放送中…『日本の面影』ブックガイド(1)講師・池田雅之さんの訳書と関連書

2015-07-15 17.12.43

NHK Eテレ『100分de名著』(水曜日22:00放送)では4週にわたってラフカディオ・ハーン(小泉八雲)『日本の面影(Glimpses of Unfamiliar Japan』(『知られぬ日本の面影』『日本瞥見記』とも)が特集されており、八雲会のFacebookページやTwitterで番組の反響をたびたびご紹介しています。番組をきっかけに『日本の面影』を読んでみようという方も多いと思いますので、書店や図書館、電子書籍などで入手しやすいものをまとめてみました。今回は番組講師の池田雅之さん(早稲田大学教授)の訳書と関連書を、次回は原書と池田さん以外の訳書をご紹介します。

まずは『新編 日本の面影』(角川ソフィア文庫、2000年)および先月刊行されたばかりの続刊『新編 日本の面影II』(角川ソフィア文庫、2015年)。27章からなる原書より、10章ずつを訳出。両書とも「訳者あとがき」でことわられているように、ところどころはカットされているのですが、「ハーンのいかにも十九世紀的な息の長い、ごてごてした英文を、いかに現代日本語に置きかえて表現するか」を追求した「現代の若い読者へ向けての私の解釈、読み方の提示(ダイナミック・トランスレーション)」(『新編 日本の面影II』の「訳者あとがき」)が功を奏して、数ある『日本の面影』の日本語訳の中でも、現代人には一番とっつきやすい訳書に仕上がっていると思います。

株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト|新編 日本の面影

株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト|新編 日本の面影 II

番組テキスト。番組では取り上げられていないエピソードも含まれていますので、副読本として手もとに置いて損はしないでしょう。

NHK出版 | 小泉八雲『日本の面影』 2015年7月

池田さんによるハーンの日本時代に焦点をあてた評伝『ラフカディオ・ハーンの日本』(角川選書、2009年)。『小泉八雲の日本』(第三文明社、1990年)を全面的に書き改めたものです。

株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト|ラフカディオ・ハーンの日本

早稲田大学と松江市などとの連携による公開講座『古事記と小泉八雲』(共編書、かまくら春秋社、2013年)。出雲に居を構えたハーンが深く分け入った『古事記』の世界をより深く知りたい方へ。

日本人の原風景 古事記と小泉八雲 – 株式会社かまくら春秋社

最後は松江の出版社による写真集『憧憬:ラフカディオ ハーンの足跡を旅して』(ハーベスト出版、2014年)。『日本の面影』の舞台地としての山陰各地に取材した1冊で、ハーン作品の引用には池田さんの訳が用いられています。

憧憬 ラフカディオ ハーンの足跡を旅して/古川 誠(写真)、山根み佳(文)、小泉 凡(監修)

写真集『憧憬 ラフカディオハーンの足跡を旅して』を発刊します!

今夜22:00からは第3回「異文化の声に耳をすます」の放送です。
 


このカテゴリーに属する他の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。